16.20 - ActionHistoryV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: TDMaps

データベース: TDMaps

ビューの列 データ型 書式 コメント
ZoneName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ゾーン名
JobNumber INTEGER -(10)9 ユーザー呼び出しManageMoveTablesSPで指定されたジョブ番号(省略可能)
JobStartTime TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6)Z Moverマネージャの開始時間
Action VARCHAR(24) LATIN NOT CASESPECIFIC X(24) テーブルで実行するアクションのタイプ
Status VARCHAR(24) LATIN NOT CASESPECIFIC X(24) アクションの現在の状態
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) アクションが適用されるデータベース
TableName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) アクションが適用されるテーブル
GroupOrder DECIMAL(18,2) --Z(15)9.99 グループ内のアクションの優先順位。アクション値が'Alter'である行のみに適用可能
SourceMap VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) アクションを実行する前のテーブルのマップ
DestinationMap VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) アクションの実行に使用されるターゲット マップ
ActionSQLText VARCHAR(10000) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(10000) このアクションを実行するDDL文のSQLテキスト
ActionListName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) このアクションがメンバーであるアクションの名前付きリスト
TableSize BIGINT -(19)9 テーブルの概算のサイズ(バイト単位)
FractionOfPermDBFree FLOAT -9.99999999999999E-999 PERM DB空き容量の端数
Issues CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(1) 'Y'または'N'。'Y'の場合、管理者が確認する項目があることを示しています。
PrevGroupsBytesPerSec DECIMAL(38,6) --(32).9(6) 1秒あたりの以前のグループ バイト数
EstElapsedTimeInSecond DECIMAL(38,6) --(32).9(6) アクション実行の推定経過時間
ElapsedTime DECIMAL(38,6) --(32).9(6) アクション実行の実際の経過時間
StartTime TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6)Z アクション開始タイムスタンプ
EndTime TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6)Z アクション終了タイムスタンプ
ErrorCode INTEGER --,---,---,--9 障害発生時のDBSエラー コード。それ以外の場合は、ゼロまたはNULL
RunUID BYTE(4) X(8) このアクションを実行したユーザー
ActionsTblDescription VARCHAR(1024) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1024) 推奨アクションの詳細を説明するAdvisor生成コメント
Description VARCHAR(1024) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1024) 完了または失敗したアクションを説明する追加情報
WorkerId INTEGER -(10)9 テーブルでアクションを実行するワーカーのID。専業ワーカーの場合は0、並行ワーカーの場合は1、2..。
HostId INTEGER -(10)9 テーブルでアクションを実行するワーカーのホストID
SessionId INTEGER -(10)9 テーブルでアクションを実行するワーカーのセッションID