16.20 - 例: StmtDMLRowCountの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、StmtDMLRowCount列を使用し、DML文に対して挿入、更新、または削除した行数を表示する方法を示します。

次のように複数文リクエストを実行します。

INSERT INTO T3(1, 'abc', 'def')
; INSERT INTO T3(1, 'ghi', 'jkl')
; MERGE INTO T3 AS t USING 
(SELECT 1 AS a,'stf' AS b,'xyz' AS c)  AS s on t.a = s.a
WHEN MATCHED THEN UPDATE SET c = s.c
WHEN NOT MATCHED THEN INSERT VALUES (s.a,s.b,s.c)
; MERGE INTO T3 AS t USING 
(SELECT 1 AS a,'stf' AS b,'xyz' AS c)  AS s on t.a = s.a
WHEN MATCHED THEN UPDATE SET c = s.c
WHEN NOT MATCHED THEN INSERT VALUES (s.a,s.b,s.c)
; DELETE FROM T3;

複数文リクエストは、テーブルT3に2行を挿入し、テーブルT3の4行を更新し、テーブルT3から2行を削除しました。

SELECT StmtDMLRowCount FROM DBC.QryLogV;

結果:

StmtDMLRowCount 
---------------------------------------
{"Insert":2,"Update":4,"Delete":2}