16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ExclusionListsV[X]ビューは、オブジェクト リストと、各リストに含まれるオブジェクト(データベース、テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックス)を含むセキュリティ ゾーンの制約付きビューです。除外オブジェクト リストは、移動されないオブジェクトを指定します。ExclusionListsVXは、ユーザーがアクセスできるオブジェクトのみを返します。

DictionaryDatabase

DictionaryDatabaseは、データ ディクショナリ テーブルが格納される場所を定義するための任意選択の列です。 これは、除外が定義されているシステムとは異なるシステムでAnalyzeSPを実行する場合に設定する必要があります。 分析対象のマップ、Dbase、TVM、TVFields、DBQLStepTbl、ObjectUsage、およびDatabaseSpaceの内容は、ソース システムから、AnalyzeSPとCreateExclusionListSPが実行するシステム上のDictionaryDatabaseにコピーされる必要があります。 次のビューはDictionaryDatabaseで作成する必要があることに注意してください: Tables2V、Databases2V、MapsV、QryLogStepsV、ColumnsV、InsertUseCountV、UpdateUseCountV、DeleteUseCountVおよびDiskSpaceV。 最後に、ActionsTblに書き込まれる行をソース システムにコピーする必要があります。