16.20 - 例 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ここでは、このビューを使用してさまざまなタイプおよびレベルのパーティションを持つオブジェクトの情報を取得する方法を示した例を挙げます。

例: PartitioningConstraintsVから任意のパーティション オブジェクトの取得

PartitioningConstraintsVビューを使用して、パーティションの種類に関係なく、パーティション オブジェクトのリストを取得します。

次の問合わせを使用して、この情報を取得できます。パーティションのタイプを指定する句は含まれていません。

SELECT DatabaseName, TableName (TITLE 'Table/Join Index Name')
  FROM DBC.PartitioningConstraintsV
  ORDER BY DatabaseName, TableName;

例: PartitioningConstraintsVから列パーティション化されたオブジェクトの取得

PartitioningConstraintsVビューを使用して、列パーティションを持つオブジェクトのリストを取得します。

このクエリーは、例: PartitioningConstraintsVからのパーティション化されたオブジェクトの取得に使用されるクエリーに非常に似ていますが、これはパーティションの種類を指定するWHERE句を含んでいます。

SELECT DatabaseName, TableName (TITLE 'Table/Join Index Name')
  FROM DBC.PartitioningConstraintsV
  WHERE ColumnPartitioningLevel >= 1
  ORDER BY DatabaseName, TableName;

例: PartitioningConstraintsVから8バイトのマルチレベル パーティション化および列パーティション化オブジェクトの取得

PartitioningConstraintsVビューを使用して、次のパーティションを持つオブジェクトのリストを取得します。

  • 8バイトのマルチレベル パーティション
  • レベルの1つが列パーティション

次の問合わせを使用して、この情報を取得できます。

SELECT DatabaseName, TableName (TITLE 'Table/Join Index Name')
  FROM DBC.PartitioningConstraintsV
  WHERE MaxCombinedPartitions >= 65536
    AND PartitioningLevels >= 2 AND ColumnPartitioningLevel >= 1
  ORDER BY DatabaseName, TableName;

例: PartitioningConstraintsVから2バイトの1レベル列パーティション化オブジェクトの取得

PartitioningConstraintsVビューを使用して、次のパーティションを持つオブジェクトのリストを取得します。

  • 2バイトの単一レベル パーティション
  • パーティションのタイプが列パーティション

次の問合わせを使用して、この情報を取得できます。

SELECT DatabaseName, TableName (TITLE 'Table/Join Index Name')
  FROM DBC.PartitioningConstraintsV
  WHERE MaxCombinedPartitions <= 65535
    AND PartitioningLevels = 1 AND ColumnPartitioningLevel = 1
  ORDER BY DatabaseName, TableName;