16.20 - ExternalSPsV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 操作

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 外部ストアド プロシージャの属するデータベースの名前を返します。
ExternalProcedureName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE NOT NULL X(128) 外部ストアド プロシージャの名前を示します。
ExternalProcedureId BYTE(6) NOT NULL X(12) 外部ストアド プロシージャの固有のIDを指定します。
NumParameters SMALLINT NOT NULL ---,--9 関数のパラメータの値を返します。
ExternalName CHAR(30) LATINC NOT NULL X(30) 関数の外部名を返します。SQL UDFの場合、値は常にSQLUDFです。
SrcFileLanguage CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) ユーザー定義関数(UDF)の実装に使用されるソース ファイル言語を返します。
NoSQLDataAccess CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 'Create Procedure'文で指示されているアクセスを返します。Y = 外部ストアド プロシージャにSQLなし、C = SQLを含む、R = SQLデータの読み取り、M = SQLデータの変更。
ParameterStyle CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 関数または外部ストアド プロシージャのパラメータ受渡し規則を返します。次のコードが使用されます。S = SQL、G = TD_GENERAL、I = 内部。
ExecProtectionMode CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 関数が(保護されていない) CALL文で直接実行できるか、または(保護されている)別のプロセスとして間接的に実行できるかを返します。
ExtFileReference VARCHAR(1000) UNICODE CASESPECIFIC X(1000) CREATE/REPLACE FUNCTIONまたは外部ストアド プロシージャ文で指定された外部ファイル参照を保存します。
CharacterType SMALLINT NOT NULL ---,--9 関数または外部ストアド プロシージャの作成時のデフォルトの文字型を返します。
Platform CHAR(8) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(8) オブジェクトがコンパイルされるシステムのプラットフォームを返します。
RoutineKind CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) ルーチンのファミリーを示す単一の文字を返します。
ParameterUDTIds VARBYTE(512) X(1024) 一連の4バイトUDT型識別子を返します。
AuthIdUsed BYTE(6) X(12) 外部ストアド プロシージャまたはユーザー定義関数で使用されている許可の識別子を返します。
AppCategory CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 外部ストアド プロシージャのアプリケーション カテゴリを返します。
GLOPSetDatabaseName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE X(128) メンバー句でGLOPセットが属するデータベースの名前を返します。
GLOPSetMemberName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE X(128) XSP/UDF/UDMが属するGLOPセットの名前を返します。外部ルーチンまたはUDF/UDMがセットのメンバーでない場合、長さはゼロになります。