16.20 - 対応するテーブルとロギングルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
SQLプロシージャ オブジェクトの情報は、以下に格納されます。
  • DBC.TVM
  • DBC.TVFields
  • DBC.AccessRights
  • DBC.AccLogRuleTbl
DBC.TVMテーブルのSPObjectCodeRows列は、SQLプロシージャのステータスに関する情報を参照します。この列の値は、SQLプロシージャ作成時の次の属性を意味します。
  • セッション モード
  • プラットフォーム タイプ
  • プリント オプション
  • SQLプロシージャのテキスト格納オプション
  • バージョン番号
  • 警告オプション
  • ハードウェア アーキテクチャ

DBC.TVFieldsテーブルのSPParameterType列は、SQLプロシージャのパラメータに関する情報を含みます。この列が含むパラメータの種類にはIN、INOUT、OUTがあります。

次のテーブルは、AccessRightsテーブルに格納されている権限と、AccLogRuleTblテーブルに格納されている対応するロギングルールの一覧です。

権限 ロギングルール
CREATE OWNER PROCEDURE AcrCreOwnerProcedure
CREATE PROCEDURE AcrCreateProcedure
ALTER PROCEDURE AcrAlterProcedure
EXECUTE PROCEDURE AcrExecuteProcedure
DROP PROCEDURE AcrDropProcedure