16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

デフォルトの情報行に加えてWITH LOCKオプションを要求すると、DBQLXMLLOCKTblのQryLockLogXMLVビューにデータが書き込まれます。各行には、ロック遅延を記録するXML文書のサブセットが格納されます。

このビューへのアクセス権限は、サイトのセキュリティ ポリシーに基づいて付与されます。QryLockLogXMLVビューのデータは、DBQLXMLLockTblテーブルから直接取得されたものです。

DBQLXMLLockTblテーブルは、ロック競合をXML形式で記録します。 ロック ロガーでは、ロック オブジェクトが次のように表示されます。

LockObjectRequested 説明
D データベース
T テーブル
R 行ハッシュ
TP テーブルのパーティション範囲
RP パーティション範囲のRowHash
RK 単一パーティションのRowHash
RN RowKeyの範囲

XMLTextInfo列のシュレッディング

XMLTextInfo列には、シュレッドが必要なXMLデータが格納されます。

XMLシュレッディング機能は、Teradata Databaseではデフォルトで有効になっています。BTEQやTeradata ViewpointなどのTeradataクライアント ソフトウェアを使用すると、SP_LockLog_Shredderストアド プロシージャを呼び出して、DBQLXMLLockTbl表内のXMLデータをシュレッドすることができます。

QryLockLogXMLVのXMLTextInfo列の内容をシュレッドすることはできません。この列をシュレッドするには、基礎となるテーブル、DBQLXMLockTblを使用する必要があります。

XMLTextInfo列のシュレッディングについては、<Teradata® Vantage - データベース管理、B035-1093>を参照してください。