16.20 - SecurityDefaultsV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: セキュリティ

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
ExpirePassword SMALLINT NOT NULL ---,--9 パスワードの有効期限が切れるまでの経過日数を返します。 0は、パスワードの有効期限が切れていないことを示します。
PasswordMinChar BYTEINT NOT NULL -(3)9 有効なパスワード文字列の最小文字数を返します。
PasswordMaxChar BYTEINT NOT NULL ---9 有効なパスワード文字列の最大文字数を返します。PasswordMaxCharはPasswordMinChar以上である必要があります。
PasswordDigits CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) パスワード文字列で数字を使用できるかどうかを定義します。値Yは「はい」、値Nは「いいえ」を示します。デフォルトはYです。
PasswordSpecChar CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) パスワードで特殊文字を使用できるかどうかを示すコードを返します。コードの定義については、DBC.SysSecDefaultsを参照してください。
PasswordRestrictWords CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 特定の単語がパスワード文字列内に含まれないようにするかどうかを示します。有効な値: Y (はい)、N (いいえ)。 デフォルトはNです。
MaxLogonAttempts BYTEINT NOT NULL -(3)9 ユーザーがロックされるまでに失敗したログオンの数。0 (ユーザーがロックされることはありません)。
LockedUserExpire SMALLINT NOT NULL ---,--9 ロックされたユーザーをロック解除するまでの経過時間を分単位で返します。0は即時ロック解除を示します。-1は、ユーザーが無期限にロックされることを示します。
PasswordReuse SMALLINT NOT NULL ---,--9 パスワードが再利用できるようになるまでの日数を返します。 0は即時再利用を示します。