16.20 - QryLogTDWMV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:クエリー

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
ProcID DECIMAL(5,0) NOT NULL -(5)9 (プライマリ キー)クエリーが実行された処理エンジンのID。
CollectTimeStamp TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) (プライマリ キー) DBQLogキャッシュが割り当てられた日時。
QueryID DECIMAL(18,0) NOT NULL --Z(17)9 DBQLテーブルを結合する(外部キー)システム全体の固有値。
UserID BYTE(4) NOT NULL X(8) クエリーを発行したユーザーの識別子。
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーを発行したユーザーの名前を返します。
DefaultDatabase VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーを発行したユーザーのデフォルトのデータベース名。
AcctString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーがクエリーを発行した拡張アカウント文字列。
SessionID INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 クエリーのセッションID。
LogicalHostID SMALLINT NOT NULL -(5)9 クエリーが実行された論理ホストID。
RequestNum INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 セッション内のこのクエリーのホスト リクエスト番号。
InternalRequestNum INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 セッション内でストアド プロシージャが使用される場合の内部リクエスト番号。
LastStateChange TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) 発生した最後の状態の変更の時刻。
DelayTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 クエリーがTDWMによって遅延した秒数。
WDID INTEGER --,---,---,--9 TDWMによってクエリーに割り当てられたワークロード定義。
OpEnvID INTEGER --,---,---,--9 クエリーが実行された操作環境ID。
SysConID INTEGER --,---,---,--9 クエリーが実行されたシステム条件ID。
LSN INTEGER --,---,---,--9 ロード ユーティリティで使用されるログオン連番。
NoClassification CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) クエリーがTDWMによって分類されていない場合はT。
WDOverride CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) ワークロード定義がユーザーによって上書きされた場合はT。
ResponseTimeMet CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) クエリーがワークロード定義の目標サービス レベルを満たしている場合はT。
ExceptionValue INTEGER --,---,---,--9 TDWM例外のタイプ: 01-時間、02-CPU、03-AMP CPUスキューなど。
FinalWDID INTEGER --,---,---,--9 クエリーが実行を完了したワークロード定義。
TDWMEstMaxRows FLOAT ----,---,---,---,--9 クエリーをワークロード定義に分類するために使用される推定行数の上限。
TDWMEstLastRows FLOAT ----,---,---,---,--9 ワークロード定義分類の最適化ルーチンによって最後に推定された行数。
TDWMEstTotalTime FLOAT ZZZZ9.999999 クエリーをワークロード定義に分類するために使用される最適化ルーチンによって推定される合計時間(秒)。
TDWMEstMemUsage FLOAT ----,---,---,---,--9.999 クエリーをワークロード定義に分類するために使用される推定メモリ(MB)。
TDWMAllAmpFlag CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) すべてのAMPクエリーの場合はT。クエリーをワークロード定義に分類するために使用されます。
TDWMConfLevelUsed CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) クエリーをワークロード定義に分類するために使用する統計を決定するために使用される信頼度レベル。
TDWMRuleID INTEGER --,---,---,--9 オブジェクトの遅延を引き起こしているTDWMルールのルールID。
StatementGroup VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) 複数文または単一のリクエストによって発行された文の説明。
SessionWDID INTEGER --,---,---,--9 クエリーが解析されたワークロード定義。
MinRespHoldTime FLOAT Z,ZZ9.9 最小応答時間に適合するように応答が保持された秒数。
TotalFirstRespTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 遅延時間+実行時間+最小応答時間(秒)
MaxNumMapAMPs INTEGER --,---,---,--9 リクエストで使用された最大連続マップのAMPの数を返します。
MinNumMapAMPs INTEGER --,---,---,--9 このリクエストで使用された最小連続マップのAMPの数。
SysDefNumMapAMPs INTEGER --,---,---,--9 システム デフォルト マップのAMPの数。
ProfileName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーを実行依頼したユーザーのプロファイル名を返します。
WDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーに割り当てられたワークロード名を返します。
FinalWDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーが完全に実行されたワークロード定義を返します。
SessionWDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) アクティビティの解析に使用されるTDWMワークロード名。
OpEnvName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) OpEnvIdに関連付けられているTDWMの操作環境名。
SysConName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) SysConIdに関連付けられているTDWMシステム ヘルスの状態の名前。