16.20 - データ ディクショナリ内のPM/API関連データへのアクセス - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

複数のデータ ディクショナリのテーブルでは、一部の列の性能モニター/アプリケーション プログラミング インターフェース(PM/API)関連の値を記録しています。PM/API情報を使用すると、MONITORパーティション機能の使用を追跡できます。

次のDBCテーブルで、PM/APIについて説明します。

  • DBC.AccessRights
  • DBC.SessionTbl
  • DBC.SW_Event_Log
    PM/API SET RESOURCE、SET SESSION、およびABORT SESSIONリクエストの実行は、主要なシステム イベントと見なされ、DBC.SW_Event_Logテーブルに記録されます。
  • DBC.Dbase
  • DBC.TVM

これらのテーブルを基に構築された次のデータ ディクショナリ ビューにも、PM/API関連データが表示されます。

  • AllRightsV[X]
  • AllSpaceV[X]
  • DatabasesV[X]
  • DiskSpaceV[X]
  • LogOnOffV
  • Software_Event_LogV
  • SessionInfoV[X]
  • UserGrantedRightsV
  • UserRightsV

次の例の問合わせでは、PM/API関連アクティビティに関する情報を返します。