16.20 - Unicodeビューを使用したオブジェクト名の更新 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

互換ビューは、言語サポート モードに基づいて、オブジェクト名をLatinまたはKanjiサーバー文字セットの30文字(固定長)にキャストします。データが直接参照によってアクセスできない場合、ビューを使って、基になっているテーブルを更新することはできません。したがって、互換ビューを使って、基になるテーブルでオブジェクト名を更新することはできません。代わりに、Unicodeビューを使用する必要があります。

リリース12.0以前で実行されるプロセスは、DBC.Collations、DBC.CharTranslations、またはDBC.HostsInfoビューを介して更新を行なおうとします。これらのビューは廃止予定となり、リリース12.0以降でサポートされていません。このようなプロセスを更新して、互換ビューの代わりに、対応するUnicodeビュー(CollationsV、CharTranslationsV、HostsInfoVなど)を参照することを強く推奨します。