16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

BEGIN/REPLACE QUERY LOGGINGにWITH UTILITYINFOオプションを使用すると、DBQLUtilityTblにデータが挿入されます。DBQLUtilityTblのQryLogUtilityVビューの各行は1つの完了したロード/エクスポート ユーティリティ、またはData Stream Architectureジョブに関する情報を格納します。

フェーズ

以下のテーブルに、QryLogUtilityVに表示される異なる列フェーズについて説明します。

ユーティリティ プロトコル Phase0の名前 Phase1の名前 Phase2の名前 Phase3の名前 Phase4の名前
FASTLOAD

MLOAD

MLOADX

セットアップ 取得 アプリケーション クリーンアップ N/A
FastExport セットアップ 選択 エクスポート クリーンアップ N/A
DSA N/A ディクショナリ データ 作成 ポストスクリプト

Phase1列とPhase2列は必須フェーズに使用されます。Phase0列、Phase3列、およびPhase4列はオプションのフェーズに使用されます。

CPUDecayLevelの可能値

デフォルトのタイムシェアのワークロード管理メソッドを使用したリクエストにおいて、CPUDecayLevelは1つのAMPでCPU使用率が到達した低下レベルです。 可能な値は次のとおりです。

説明
0 リクエストがデフォルトの優先順位で実行していることを示します。
1 優先順位レベルが下げられたため、リソース割り当てが半減されたことを示します。
2 優先順位レベルがさらに下げられたため、リソース割り当てがさらに半減されたことを示します。これ以上の減少はありません。

IODecayLevelの可能値

デフォルトのタイムシェアのワークロード管理メソッドを使用したリクエストにおいて、IODecayLevelは1つのAMPでI/O使用率が到達した低下レベルです。

説明
0 リクエストがデフォルトの優先順位で実行していることを示します。
1 優先順位レベルが下げられたため、リソース割り当てが半減されたことを示します。
2 優先順位レベルがさらに下げられたため、リソース割り当てがさらに半減されたことを示します。これ以上の減少はありません。

MaxDataWaitTimeIDの可能値

  • FastLoad、MultiLoadおよびFastExportの場合:データ待機時間が最大であるユーティリティ セッションのAMPのID。
  • MLOADXの場合: データ待機時間が最大であるセッションのセッション番号。
  • DSAの場合:データ待機時間が最大であるストリームのID。

UtilityRequestの可能値

UtilityRequestはジョブの主要なユーティリティSQLリクエストです。ターゲット データベース、テーブル名が含まれます。可能な文は次のとおりです。

  • BEGIN LOADING (FastLoad)
  • BEGIN MLOAD (MLOAD/MLOADX)
  • SELECT (FastExport)
  • DUMP/RESTORE (DSA)