16.20 - TableToSparseMapSizingV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: TDMaps

データベース: TDMaps

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) データベースの名前。
TableName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスの名前。
PeakDiskSpace BIGINT -(19)9 すべてのプライマリ行が使用するピーク ディスク領域の推定量は、ピーク領域を確認し、テーブル ヘッダーの推定量を差し引いて計算します。
CurrentDiskSpace BIGINT -(19)9 すべてのプライマリ行が使用する現在のディスク領域の推定量は、現在の領域を確認し、テーブル ヘッダーの推定量を差し引いて計算します。
DataSize BIGINT -(19)9 すべてのプライマリ行が使用する領域の推定量は、統計と平均行サイズを考慮しています。
RecommendedMap VARCHAR(26) LATIN NOT CASESPECIFIC X(26) オブジェクトが格納されるべきマップ。
CurrentMap VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) オブジェクトが現在格納されているマップ。
MapOk VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) テーブルに見込まれるデータがテーブルが現在格納されているマップに適している場合はY、それ以外の場合はN。
CurrentMapKind CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(1) 現在のマップが連続している場合はC、スパースの場合はS。
CurrentMapNumOfAMPs SMALLINT NOT NULL ---,--9 オブジェクトが格納されているマップ内のAMP数。
ProtectionType CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) テーブルがフォールバック保護されている場合はF、それ以外の場合はN。