16.20 - 非ハッシュ テーブル - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルが非ハッシュ テーブルの場合、テーブルの行はハッシュ マップを使用して分散されず、代わりにAMPにローカルに保存されます。例えば、DBC.DatabaseSpaceテーブルの各行は、単一のAMPがローカルで使用する領域を追跡します。同様に、回復テーブルには自身のAMPで発生した処理/トランザクションの回復に必要な情報のみが含まれます。

AcctgとDatabaseSpaceは、SHOW TABLE、HELPなどで許可され、この2つのテーブルには、テーブルに文を実行するための権限を保有している場合に問合わせを実行できます。SHOW TABLEとHELP INDEXは、それらが実際には非ハッシュ テーブルであっても、これらの2つのテーブルに固有のプライマリ インデックスがあることを示すことに注意してください。

その他のテーブルの行には特別な書式があり、問合わせを実行できないので、SHOW TABLEなどでは使用できません(テーブルにアクセスすることができないというエラーが返されます)。

次のテーブルは、非ハッシュおよびNO FALLBACK データ ディクショナリ テーブルを列挙したものです。

非ハッシュ、非フォールバッ クテーブル 説明
Acctg アカウントユーザーによるリソース使用量
ChangedRowJournal 障害AMP回復ジャーナル
DatabaseSpace データベースおよびテーブル領域のアカウンティング
LocalSessionStatusTable AMPによる最後のリクエスト ステータス
LocalTransactionStatusTable 最後のトランザクション コンセンサス ステータス
OrdSysChngTable AMP回復ジャーナル
RecoveryLockTable 回復セッションのロック
RecoveryPJTable 永久ジャーナル回復
SavedTransactionStatus AMP回復テーブル
SysRcvStatJournal 回復、再構成、スタートアップの情報
TransientJournal コミットされていないトランザクションのバックアウト
UtilityLockJournalTable ホスト ユーティリティのロック レコード