16.20 - QryLogV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:クエリー

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
ProcID DECIMAL(5,0) NOT NULL -(5)9 ディスパッチャのプロセスIDを返します。
CollectTimeStamp TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) (プライマリ キー) DBQLogキャッシュが割り当てられた日時。
QueryID DECIMAL(18,0) NOT NULL --Z(17)9 クエリーを識別するためにシステム全体で固有IDを返します。
UserID BYTE(4) NOT NULL X(8) ユーザーのIDを返します。
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーを発行したユーザーの名前を返します。
DefaultDatabase VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーの現在のデフォルト データベースの名前を返します。
AcctString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーがクエリーを発行した拡張アカウント文字列。
ExpandAcctString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーの拡張ログオン列を返します。
SessionID INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 クエリーのセッションID。
LogicalHostID SMALLINT NOT NULL -(5)9 記録されるクエリーのログオン元の固有識別子を返します。値0は内部セッションを意味します。
RequestNum INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 すべてのクエリーのクライアント リクエスト番号。ストアド プロシージャCALL文内の文の場合、リクエスト番号はCALLと同じです。
InternalRequestNum INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 Teradata Databaseで使用される内部リクエスト番号を返します。
TxnUniq BYTE(4) X(8) ProcIdで使用されるトランザクション固有の部分。
LockLevel VARCHAR(10) LATIN NOT CASESPECIFIC X(10) このリクエストに関連付けられた最高レベルのロック。
LogonDateTime TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) セッションにログオンされた日時を返します。
AcctStringTime FLOAT 99:99:99 ユーザーが拡張アカウント文字列(ASE)を指定したときの&Tコードの結果を返します。
AcctStringHour SMALLINT -(5)9 ユーザーが拡張アカウント文字列(ASE)を指定したときの&Hコードの結果を返します。
AcctStringDate DATE YY/MM/DD ユーザーが拡張アカウント文字列(ASE)を指定したときの&Dコードの結果を返します。
LogonSource CHAR(128) LATIN NOT CASESPECIFIC X(128) CLIv2 APIを使用してチャネルに接続されたシステムは、報告されるCLIv2メインフレーム セッションの発生源(ユーザーIDやクライアント システムのセッション番号など)を示します。
AppID CHAR(30) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(30) アプリケーションIDを返します。
ClientID CHAR(30) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(30) クライアントIDを返します。
ClientAddr CHAR(45) LATIN NOT CASESPECIFIC X(45) 実行依頼されたクエリーのクライアント アドレス。
QueryBand VARCHAR(12304) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(12304) クエリーが実行依頼されたバンドを返します。
ProfileID BYTE(4) X(8) システムのコスト プロファイル インスタンスに割り当てられている固有番号を返します。
StartTime TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) クエリーが実行依頼された時間を返します。
FirstStepTime TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) このクエリーの最初のステップがディスパッチされた時間を返します。
FirstRespTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) 最初の応答がホストに送信された時間。
ElapsedTime HS -h(4):mm:ss.s(6) 最初の応答時間と開始時間の差を返します。
NumSteps SMALLINT NOT NULL ---,--9 このクエリーの(レベル1)ステップの合計数を返します。
NumStepswPar SMALLINT ---,--9 並列ステップを持つ(レベル1)ステップの数を返します。
MaxStepsInPar SMALLINT ---,--9 このクエリーに関して並列的に行なわれる(レベル2)ステップの最大数を返します。
NumResultRows FLOAT ----,---,---,---,--9 クエリーで返された総行数を返します。
NumResultOneMBRows FLOAT ----,---,---,---,--9 クエリーに返される一連の行内の1MB行(1MB > size > 64KB)の数。
MaxOneMBRowSize INTEGER --,---,---,--9 クエリーで返される一連の行における最大1MB行の実際のバイト数。
TotalIOCount FLOAT ----,---,---,---,--9 クエリーで生成されたAMPのIOの数を返します。
AMPCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 このクエリーで使用されるAMP CPU合計時間(秒)。
ParserCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 クエリーに使用された構文解析プログラムとディスパッチャの合計CPU時間(秒)を返します。
UtilityByteCount BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 FastLoadジョブまたはMultiLoadジョブの一部としてクライアントで転送されたバイト数。
UtilityRowCount FLOAT ----,---,---,---,--9 FastLoadまたはMultiLoadで読み込まれた行数を返します。
ErrorCode INTEGER --,---,---,--9 エラー コードを返します。
ErrorText VARCHAR(1024) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1024) ErrorCodeが0でない場合のエラーのテキストを返します。
WarningOnly CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 警告モードでTDWMの実行中にエラーが報告された場合、またはまったくログに記録されていない場合は、警告コードTにtrueを返します。WarningOnlyがtrueでない場合は、フィールドにNULLがあります。
AbortFlag CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) このクエリーがアボートされた場合に標識を返します。
CacheFlag CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) このフィールドは、クエリーがステップ キャッシュにない場合は空白です。
StatementType CHAR(20) LATIN NOT CASESPECIFIC X(20) クエリーで実行された文のタイプ。複数文リクエストの最後の文のタイプ。
StatementGroup VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) DDL、DML、またはSELECT文であるかどうかについて、クエリーのグループ化を返します。
QueryText VARCHAR(10000) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(10000) クエリー テキストを返します。デフォルトのサイズは200文字です。
NumOfActiveAMPs INTEGER --,---,---,--9 このクエリーでアクティブなAMPの数を返します。
MaxAMPCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 クエリーでCPU使用率が最も高かったAMPのCPU時間(秒)を返します。
MaxCPUAmpNumber INTEGER --,---,---,--9 CPU使用率が最も高かったAMP番号を返します。
MinAmpCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 ステップでCPU使用率が最も低かったAMPのCPU時間(秒)を返します。
MaxAmpIO FLOAT ----,---,---,---,--9 (HotAmpIOから名前変更)ステップでI/O利用率が最も高かったAMPを返します。
MaxIOAmpNumber INTEGER --,---,---,--9 ステップでI/O使用量が最も高かったAMP番号を返します。
MinAmpIO FLOAT ----,---,---,---,--9 (LowAmpIOから名前変更)クエリーでI/Oが最も低かったI/Oカウントを返します。
SpoolUsage BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 クエリー内の任意のステップのピーク スプール使用量(バイト) (DataCollectAlg = 3)。それ以外の場合、クエリーでスプールに使用されたバイト数。
LSN INTEGER --,---,---,--9 ロード ユーティリティの場合に使用されます。
EstResultRows FLOAT ----,---,---,---,--9 このクエリーで返される行の推定数。
EstProcTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 EstProcTimeは、最適化ルーチンからの推定処理秒数(0.001秒単位)を返します。
EstMaxStepTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 最適化ルーチンからの最大ステップ推定時間(秒)。
EstMaxRowCount FLOAT ----,---,---,---,--9 このクエリーのステップの最大推定行数。
TDWMEstMemUsage FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 最大ステップの最大推定メモリ(MB)。
AMPCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 このクエリーで使用されたAMP CPU正規化合計時間(秒)。
ParserCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 共存システムの正規化された構文解析プログラムCPU時間(秒)を返します。
MaxAMPCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 AMPの正規化された最大CPU時間(秒)を返します。
MaxCPUAmpNumberNorm INTEGER --,---,---,--9 CPU使用率が最も高かったAMP番号を返します。
MinAmpCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 AMPの正規化された最小CPU時間(秒)を返します。
ParserExpReq FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 計測した構文解析プログラムexpリクエストで経過した時間(1/100秒) (35は0.35秒)。
ProxyUser VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) プロキシ ユーザーの名前を返します。
ProxyRole VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーに使用されるプロキシ ロール。
SessionTemporalQualifier VARCHAR(1024) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1024) DBC.QryLogV.SessionTemporalQualifierは、SQLストアドとは別のセッションでセッション テンポラル修飾子を記録します。
CalendarName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) DBC.QryLogV.CalendarNameは、セッションに設定されたカレンダ名を記録します。
CPUDecayLevel SMALLINT ---,--9 任意の1つのノードでのCPU使用率が到達した最も重大な低下レベルが含まれます。
IODecayLevel SMALLINT ---,--9 任意の1つのノードでのIO使用率が到達した最も重大な低下レベルが含まれます。
TacticalCPUException INTEGER --,---,---,--9 CPU例外があったノードの総数。
TacticalIOException INTEGER --,---,---,--9 IO例外があったノードの総数。
SeqRespTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 すべてのステップが順に実行されたと仮定した場合の、応答時間の合計秒数が含まれます。
ReqIOKB FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストの論理IO使用量の合計キロバイト数。
ReqPhysIO FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストの物理I/O数。
ReqPhysIOKB FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストの物理IO使用量の合計キロバイト数。
DataCollectAlg BYTEINT -(3)9 DBQLで使用されるデータ収集アルゴリズム。
CallNestingLevel BYTEINT -(3)9 リクエストがストアド プロシージャで実行されるときの入れ子レベル。
NumRequestCtx BYTEINT -(3)9 セッションと関連付けられたリクエスト コンテキスト数。
KeepFlag CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) これは値(Y)または(N)のフラグで、クライアントの応答の必要がなくなるまで応答パーセルを保持する必要があることを示します。
QueryRedriven CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) これは値(Y)または(N)のフラグで、クエリーが再実行されたかどうかを示します。
ReDriveKind CHAR(10) LATIN NOT CASESPECIFIC X(10) クエリーが再実行されたときのリセット保護のタイプが含まれます。(MN)-メモリの非フォールバック応答、(DF)-ディクショナリ テーブルのフォールバック応答、(DN)-ディクショナリ テーブル非フォールバック応答。
LastRespTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) リクエストの終了、ホスト/クライアント応答フェーズの終了(該当する場合) (DataCollectAlg = 3)。
DisCPUTime FLOAT ----,---,---,---,--9.999 このクエリーのディスパッチャで使用されるCPU秒数。
INTEGER --,---,---,--9 リクエスト内の文の数。
DisCPUTimeNorm FLOAT ----,---,---,---,--9.999 このクエリーのディスパッチャで使用される正規化CPU秒数。
TxnMode CHAR(10) LATIN NOT CASESPECIFIC X(10) このクエリーのトランザクション モード(ANSI、BTET)。
RequestMode CHAR(5) LATIN NOT CASESPECIFIC X(5) このクエリーのリクエスト モード: Prep - 準備クエリーのみ。PrepS - 準備クエリーのみ、パラメータ化SQL。Exec - クエリーの実行。Both - 準備と実行クエリー。
DBQLStatus INTEGER --,---,---,--9 内部DBQLロギング ステータス。 ゼロはステータス条件がないことを示します(DataCollectAlg = 3)。
NumFragments INTEGER --,---,---,--9 リクエストのIPE計画実行のフラグメント数。
VHLogicalIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 リクエスト全体でVery Hotな論理I/Oの総数。
VHPhysIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 リクエスト全体でVery Hotな物理I/Oの総数。
VHLogicalIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 リクエスト全体でVery Hotな論理I/Oの総キロバイト数。
VHPhysIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 リクエスト全体でVery Hotな物理I/Oの総キロバイト数。
LockDelay FLOAT ----,---,---,---,--9.999 オブジェクトにロックを設定する最大待機時間(100分の1秒単位)。
CheckpointNum FLOAT ----,---,---,---,--9 MLOADXのチェックポイント間隔番号。
UnityTime FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ストアド プロシージャ リクエストがUnityによって処理された時間(秒単位)。
UtilityInfoAvailable CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) リクエストにDBQLUtilityTblテーブルで利用可能なユーティリティ情報が含まれるかどうかを示します。
UnitySQL CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) Y - UnityがSQLの変更をリクエストしたことを示します。UnityがUnityトランザクション テーブルを更新するようにリクエストしたときに設定されます。
ThrottleBypassed CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) リクエストは、TDWMのThrottleBypass機能によってのみ実行されます。
FlexThrottle CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) フラグ'T'は、Flex Throttle機能により、このクエリーがTDWM遅延キューから解放されたことを示します。
IterationCount INTEGER --,---,---,--9 リクエストに関連するデータ パーセルの反復回数。
TTGranularity VARCHAR(30) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(30) セッションで設定されたトランザクション時間粒度名を記録します。
MaxStepMemory FLOAT ----,---,---,---,--9.999 リクエストのいずれかのステップで使用される最大メモリ(MB)。
TotalServerByteCount BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 外部サーバーから送受信された合計バイト数。
PersistentSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 SpoolUsageの固定部分。
RemoteQuery CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) フラグ'T'は、リモート クエリーが実行依頼されたことを示します。
ProxyUserID BYTE(4) X(8) プロキシ ユーザーのID。
DelayTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 ワークロード管理によってクエリーが遅延した秒数を返します。
MinRespHoldTime FLOAT Z,ZZ9.9 最小応答時間に適合するように応答が保持された秒数。
TotalFirstRespTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 遅延時間+実行時間+最小応答時間(秒)
ParamQuery CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) フラグ'T'は、クエリーがパラメータ化されていることを示します。
ProfileName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーがクエリーを実行依頼したときのプロファイル名(存在する場合)を返します。
WDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブに割り当てられたワークロード定義(WD)名を返します。
MaxNumMapAMPs INTEGER --,---,---,--9 リクエストで使用された最大連続マップのAMPの数を返します。
MinNumMapAMPs INTEGER --,---,---,--9 このリクエストで使用された最小連続マップのAMPの数。
SysDefNumMapAMPs INTEGER --,---,---,--9 システム デフォルト マップのAMPの数。
UsedIota FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストで使用されるIOトークンを返します。
ImpactSpool BIGINT -(19)9 リクエストによるシステム レベルのスプールへの影響
ReqAWTTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストのAWT経過秒数を返します。
MaxReqAwtTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストの最大AWT経過秒数を返します。
MinReqAWTTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 リクエストの最小AWT経過秒数を返します。
TDWMMSRCount INTEGER --,---,---,--9 リクエストでBT、ET、コミット、マクロ、実体化されたTmpテーブル、およびNull文を除いた、文の数。
MaxReqAWTTimeAmpNum INTEGER --,---,---,--9 リクエストの最大AWTTimeを持つAMP番号を返します。
StmtDMLRowCount JSON X(128) DML (挿入、更新、または削除)文の行数を返します。
NosRecordsReturned BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 返されるレコードの数。
NosRecordsSkipped BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 スキップされるレコードの数。
NosPhysReadIO FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 Native Object Storeファイルの物理読み取りIOの合計。
NosPhysReadIOKB FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 Native Object Storeファイルの物理読み取りIOの合計(KB)。
NosRecordsReturnedKB FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 Native Object Storeファイルについて返されたレコードの合計(KB)。
NosTotalIOWaitTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 すべてのステップにわたるNative Object Store IOの待機時間の合計(秒)。
NosCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 Native Object Storeファイルを読み取るためのCPU時間(秒)。
NosMaxIOWaitTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 個々のIOに対するNative Object Store IOの最大待機時間(秒)。
NosFiles INTEGER --,---,---,--9 読み取りが試行されたファイルの数。
NosFilesSkipped INTEGER --,---,---,--9 スキップされたNative Object Storeファイルの数。
NosTables INTEGER --,---,---,--9 アクセスされたNative Object Storeテーブルの総数。
DefaultDBCacheUsed CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 値「T」はステップ キャッシュのデフォルトのDB部分が使用されたことを示す。それ以外の場合は「F」。リクエストがキャッシュされなかった場合はNULL。
StepCacheHash INTEGER --Z(17)9 キャッシュされている場合は、このリクエストのステップ キャッシュのハッシュ値。それ以外の場合はNULL。