16.20 - SQLプロシージャ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
SQLプロシージャは、Teradata Database上で実行されるデータベース オブジェクトです。通常、SQLプロシージャは以下から構成されます。
  • プロシージャ名
  • 入力パラメータと出力パラメータ
  • プロシージャ本体

詳細については、<Teradata Vantage™ SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。

SQLプロシージャごとに、データベース内にSQLプロシージャ テーブルがあります。このテーブルには、ユーザーが記述したSQLプロシージャ本体およびそれに対応するコンパイル済みのプロシージャ オブジェクト コードが含まれます。データ ディクショナリ テーブルには、プロシージャのパラメータと属性が含まれます。

一時ジャーナル(TJ)レコードには、DBSリクエスト番号のほか、プロシージャのホスト リクエスト番号が保持され、DBSの再始動後にリクエストの問合わせステータスに正しい応答を返す際に使用されます。