16.20 - Xビューでの信頼済みセッションのサポート - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Xビューは、現在の承認されたユーザーが信頼済みセッションのプロキシ ユーザーに設定されている場合、現在の承認されたユーザーに基づいて結果を返します。現在のユーザーがプロキシ ユーザーではない場合、返される結果は、現在のユーザーおよび現在のユーザーのアクセス権限に基づきます。

互換Xビューは、信頼済みセッションをサポートしません。

例えば、中間階層ユーザーTRMとしてログインした場合、AMPUsageVXビューを使用するクエリーは、ユーザーTRMの使用状況を次のように返します。

sel username (FORMAT 'X(20)'), sum(cputime), sum(diskio)
from dbc.ampusagevx group by 1;

結果:

UserName                    Sum(CpuTime)      Sum(DiskIO)
--------------------  ------------------  ---------------
TRM                                 0.42           10,595

セッションが永久プロキシ ユーザー(WITHOUT ROLEで定義)に設定された場合、クエリーは、ユーザーPERMUSER1の使用状況を次のように返します。

SET QUERY_BAND='PROXYUSER=PERMUSER1;' FOR SESSION;

sel username (FORMAT 'X(20)'), sum(cputime), sum(diskio)
from dbc.ampusagevx group by 1;

結果:

UserName                    Sum(CpuTime)      Sum(DiskIO)
--------------------  ------------------  ---------------
PERMUSER1                           0.19           2,185

指定されたロールとともにアプリケーション プロキシ ユーザーまたは永久プロキシ ユーザーにセッションが設定された場合、許可は、そのプロキシ ユーザーのロールのみに基づいて行なわれます。現在のユーザー名のみに基づいてデータを返すXビューの場合は、クエリーは行を返しません。

SET QUERY_BAND='PROXYUSER=APPLUSER;' FOR SESSION;

sel username (FORMAT 'X(20)'), cputime, diskio 
from dbc.ampusagevx order by 1;

結果: 行は返されません。

*** Query completed. No rows found.
*** Total elapsed time was 1 second.