16.20 - DeleteOldInDoubtV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 操作

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
LogicalHostId SMALLINT NOT NULL ---,--9 記録されるクエリーのログオン元の固有識別子を返します。値0は内部セッションを意味します。
SessionNumber INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 注: SessionID、SessionNo、およびSessionNumberの意味は同じです。不確定のトランザクションを含むセッションのセッション識別子を返します。
CoordTaskId VARBYTE(30) NOT NULL X(60) 不確定セッションのコーディネータIDを示します。
RunUnitId VARBYTE(30) NOT NULL X(60) 不確定のトランザクションを含む実行単位のIDを返します。
LogonUserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 不確定のトランザクションを実行したユーザーのIDを返します。
ResolvingUserLogonName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 不確定のトランザクションを解決したユーザーのIDを返します。
CommitOrRollback CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(1) 不確定セッションがコミットされた(C)かロールバックされた(R)かを示します。
UserLogonDate DATE NOT NULL YY/MM/DD 指定したユーザーがログオンした日付を返します。
UserLogonTime FLOAT NOT NULL 99:99:99 指定したユーザーがログオンした時間を返します。
CompletionDate DATE NOT NULL YY/MM/DD 不確定セッションが解決された日付を示します。
CompletionTime FLOAT NOT NULL 99:99:99 不確定セッションが解決された時刻を示します。
Options CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) このフィールドには最初にNULLが割り当てられます。このフィールドはシステムが使用するのではなく、ユーザーのニーズに合わせてこの1文字の列を更新することができます。