16.20 - UsrAsgdSecConstraintsV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 整合性

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) セキュリティ制約が割り当てられたユーザーの名前を返します。
ConstraintName VARCHAR(128) UNICODE UPPERCASE NOT NULL X(128) セキュリティ制約オブジェクトの名前を返します。このフィールドに名前がない場合はNULLです。
ValueName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ユーザーまたはプロファイルに割り当てられたセキュリティ制約値の名前を返します。通常、この値はユーザー定義です。
IsDefault CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) IsDefaultは、ユーザーまたはプロファイルに割り当てられたセキュリティ制約値が制約のデフォルト値であるかどうかを示します。
Assignor VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) セキュリティ制約値を別のユーザーまたはプロファイルに割り当てたユーザーの名前を返します。