16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ColumnsqV[X]およびColumnsjqV[X]

ビューに関してDBC.Columnsを問合わせた場合、列の属性情報(例えば長さ、型など)はNULLになります。列属性は定義された表に対応しているため、データ ディクショナリには格納されておらず、このビューからアクセスできません。

DBC.ColumnsqおよびDBC.Columnsjqを使用してビュー列の情報を取得します。SELECT文から次のビューの情報にアクセスします。また、結果セットは他のテーブルおよびビューの情報に結合できます。
  • ColumnsqVとColumnsqVX(総称してColumnsqV[X]と呼ぶ)
  • ColumnsjqVとColumnsjqVX(総称してColumnsjqV[X]と呼ぶ)

ColumnsqV[X]ビューは、ColumnsV[X]と同じ列情報を提供します。これには、ビューの列に対するすべての情報が含まれます。ColumnsjqV[X]は、ColumnsqV[X]と同じ情報を提供しますが、テーブル、NoPIテーブル、およびビューに対するもののみです。

ANSIテンポラル テーブル サポート

一部の列の値は、Teradataテンポラル テーブルまたはANSIテンポラル テーブルに関連する情報を示します。これらのテーブルの詳細については、<Teradata® Vantage ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata® Vantageテンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

テーブルまたは結合インデックスのパーティション情報を取得するには、SHOW TABLE文、HELP COLUMN文、およびColumnsV[X]とDBC.PartitioningConstraintsV[X]ビューを使用します。

HELP INDEX文のOrderedまたはPartitioned属性は、インデックスがパーティション化されているかどうかを示します。 NoPIテーブルの場合、テーブルまたは結合インデックスがパーティション化されているかどうかを判別するために、HELP INDEX文を使用することはできません。

ArrayColElementUdtName

オブジェクトがARRAYデータ型の場合、その構成要素の型がUDTのときにのみ、名前がArrayColElementUdtName列に記録されます。

ArrayColElementUdt列は、以下の場合に関連するビューにのみ含まれる。
  • TVFields.FieldType = A1 または AN
  • UDTInfo TypeId = TVFields TableId

ColumnPartitionNumber

この列は、列が属している列パーティションの列パーティション番号に設定されます。0は列がパーティション化されていないことを示します。

同じ列パーティション番号のテーブルの列または結合インデックスは、同じ列パーティションに属します。

CompressValueList

この列には、複合データ型の内部圧縮を使用するために複合データ型の列が定義される、複合データ型の圧縮ルーチンの名前が含まれます(例えば、JSONデータ型の場合、CompressValueList列値は"JSON_COMPRESS"です)。

DecimalTotalDigits

DecimalTotalDigits列の値-128は、デフォルトが使用されていることを示す。

DecimalFractionalDigits

DecimalFractionalDigits列の値は常に-128です。

InlineLength

UDTのインライン長を返します。具体的には、この列はST_GEOMETRY、DATASET、XML、およびJSONのインライン格納サイズを格納します。この列は、他のすべてのUDTおよび型に対してはNULLです。

TimeDimension

TimeDimension列の可能値については、TimeDimension列を参照してください。

ArrayColElementTypeの可能値

説明
A1 1次元のARRAYデータ型
AN 多次元のARRAYデータ型
ArrayColElementType列は、以下の場合に関連するビューにのみ含まれる。
  • TVFields.FieldType = A1 または AN
  • UDTInfo TypeId = TVFields TableId

ArrayColNumberOfDimensionsの可能値

可能値の範囲は1~5です。

ArrayColNumberOfDimensions列がビューに含まれるのは、以下のすべてに当てはまる場合のみ。
  • TVFields.FieldType = A1 または AN
  • UDTInfo TypeId = TVFields TableId

ARRAYデータ型ディメンションの詳細については、<Teradata® Vantage SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>および<Teradata® Vantageデータ型およびリテラル、B035-1143>を参照してください。

ArrayColScopeの可能値

ArrayColScope列に入力されるのは、データ型が作成される場合のみ。各次元の境界値は、[n:m]形式の文字列。

ArrayColScope列がビューに含まれるのは、以下のすべてに当てはまる場合のみ。
  • TVFields.FieldType = A1 または AN
  • UDTInfo TypeId = TVFields TableId

Compressibleの可能値

説明
A アルゴリズム圧縮(ALC)列
C 複数値圧縮列
N 非圧縮列
U Teradata内部圧縮スキーマを使用するように定義されたすべての複素数データ型の列(JSONデータ型など)。複素数データ型はTeradataによって提供されます。これらのデータ型は、オブジェクト指向モデルに準拠しているため、ユーザー定義型と機能が似ています。

CharTypeの可能値

説明
1 Latin
2 Unicode
3 KanjiSJIS
4 Graphic
5 Kanji1
0 これ以外のすべてのデータ型

JSON型の列の格納形式に関する情報を取得するには、StorageFormatの可能値を参照してください。

ColumnPartitionACの可能値

説明
NA 列パーティション化なし
NC 自動圧縮なし
AC 自動圧縮あり

ColumnPartitionFormatの可能値

説明
NA 列パーティション化なし
CS システム定義のCOLUMN形式
CU ユーザー指定のCOLUMN形式
RS システム定義のROW形式
RU ユーザー指定のROW形式

ColumnTypeの可能値

UF、UV、LF、LVはデータ ディクショナリ(データベースDBC)データのみに対して内部で生成される列タイプである。文字ユーザー データでは、フィールド タイプはCFまたはCVに設定される。
説明
++ TD_ANYTYPE
A1 1次元のARRAYデータ型
AN 多次元のARRAYデータ型
AT ANSI時刻
BF 固定長バイト
BO バイト ラージ オブジェクト
BV 可変長バイト
CF 固定長文字
CO 文字ラージ オブジェクト
CV 可変長文字Latin
D 10進数
DA 日付
DH 日、時間による間隔データ
DM 日、時間、分による間隔データ
DS 日、時間、分、秒による間隔データ
DT DATASET型
DY 日による間隔データ
F 浮動小数点数
HM 時間、分による間隔データ
HR 時間による間隔データ
HS 時間、分、秒による間隔データ
I1 1バイト整数
I2 2バイト整数
I8 8バイト整数
I 4バイト整数
JN JSON文書
LF TD12.0より前の固定長文字ロケール(Kanji1またはLatin)
この列の型はデータ ディクショナリ(データベースDBC)のデータに対してのみ内部生成されます。
LV TD12.0より前の可変長文字ロケール(Kanji1またはLatin)
MI 分による間隔データ
MO 月による間隔データ
MS 分、秒による間隔データ
N 番号
PD PERIOD(DATE)
PM PERIOD(タイムゾーン付タイムスタンプ(n))
PS PERIOD(タイムスタンプ(n))
PT PERIOD(時間(n))
PZ PERIOD(タイムゾーン付時間(n))
SC 秒による間隔データ
SZ タイムゾーン付タイムスタンプ
TS タイムスタンプ
TZ タイムゾーン付ANSI時間
UF 固定長文字Unicode
この列の型はデータ ディクショナリ(データベースDBC)のデータに対してのみ内部生成されます。
UT UDTタイプ
UV 可変長文字Unicode
この列の型はデータ ディクショナリ(データベースDBC)のデータに対してのみ内部生成されます。
XM XML文書
YM 年、月による間隔データ
YR 年による間隔データ

IdColTypeの可能値

説明
NULL 非識別列
GA 常に生成される
GE 常に終了行として生成されます。system-time期間の終了境界値を定義する、必須のCREATE/ALTER TABLE (ANSI system-timeテーブル形式)列の属性。

CREATE/ALTER TABLE (ANSI system-timeテーブル フォーム)文については、<Teradata® Vantage ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>を参照してください。

GD デフォルトで生成される
GS 常に開始行として生成されます。system-time期間の開始境界値を定義する、必須のCREATE/ALTER TABLE (ANSI system-timeテーブル形式)列の属性。

CREATE/ALTER TABLE (ANSI system-timeテーブル フォーム)文については、<Teradata® Vantage ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>を参照してください。

PartitioningColumnの可能値

説明
N パーティション列ではない
Y パーティション式のパーティション列

PseudoUDTFieldTypeの可能値

説明
PB 派生PERIOD列の開始列
PE 派生PERIOD列の終了列
PP 派生PERIOD列
NULL この列は、派生PERIOD列の開始または終了列ではないか、派生PERIOD列のいずれかです。

SPParameterTypeの可能値

説明
B INOUTパラメータ(ストアド プロシージャのみ)
C TABLE関数の列
E 外部関数またはメソッドの結果タイプ
I 関数またはメソッドの入力パラメータ
O 関数またはメソッドの出力パラメータ
S SELFパラメータ

StorageFormatの可能値

StorageFormatは、複数の格納形式(JSON列など)を含む列の格納形式を指定します。複数の格納形式が含まれない場合はNULLになります。

説明
NULL 複数の格納形式を含まない列。
TEXT 列にはJSON CHARACTER SET LATINまたはJSON CHARACTER SET UNICODEのJSONコンテンツが含まれる
BSON 列にはバイナリJSON形式のJSONコンテンツが含まれる
UBJSON 列にはユニバーサル バイナリJSON形式のJSONコンテンツが含まれる
AVRO 列にはAVRO形式で格納されたDATASETコンテンツが含まれる
CSV 列にはCSV形式で格納されたDATASETコンテンツが含まれる
格納形式の情報を提供する複数のコマンドがあります。
  • HELP TABLE
  • HELP COLUMN
  • HELP CAST
  • HELP TYPE
  • SHOW TABLE

HELP COLUMNは、JSON型の格納形式に関する情報を返します。NULL (複数の格納形式を備えていない列)、LATINまたはUNICODEテキストとして格納されているJSON、バイナリJSON、UniversalバイナリJSON形式などです。これらのコマンドの実行時には、格納形式にかかわらず、JSON列のデータ型の形式は常にJNです。

HELP TABLEには、JSON型の文字セットに関する情報が記載されています。

HELP COLUMNは、DATASETデータ型の格納形式(例えばAVRO)に関する情報を返します。

HELP TYPEは、DATASET型で許可されます。ただし、'DATASET'という名前の後にこの型の格納形式のいずれかが続いて使用され、参照される場合のみです。

詳細については、<Teradata® Vantage SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

TSColumnTypeの可能値

説明
TB TD_TIMEBUCKET列
TC TD_TIMECODE列
TN TD_SEQNO列
NULL 時系列テーブルのTD_TIMEBUCKET、TD_TIMECODEまたはTD_SEQNO列以外の列

TTCheckTypeの可能値

説明
A ANSIQUALIFIER
TTCheckType列は、修飾子が列レベルのCHECK制約のANSIQUALIFIERである場合、値Aを返します。
NULL transaction-time次元なし
C CURRENT TRANSACTIONTIME

UpperCaseFlagの可能値

CaseフラグU、C、Bは、CHAR、VARCHAR、LONG VARCHARの列の場合にのみ有効である。
説明
U 大文字指定がある
C 大小文字の区別がある
N 大文字指定も大小文字の区別指定もない
B 両方

VTCheckTypeの可能値

説明
A ANSIQUALIFIER
VTCheckType列は、修飾子が列レベルのCHECK制約のANSIQUALIFIERである場合、値Aを返します。
NULL valid-time次元なし
C CURRENT VALIDTIME
S SEQUENCED VALIDTIME
N NONSEQUENCED VALIDTIME