16.20 - PartitioningConstraintsV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 整合性

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) PartitioningConstraintsVX.DatabaseNameは、パーティションを持つテーブルまたは結合インデックスが存在するデータベースの名前です。
TableName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) PartitioningConstraintsVX.TableNameは、パーティションを持つテーブルまたは結合インデックスの名前です。
IndexName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) PartitioningConstraintsVX.IndexNameは、関連付けられているインデックス(ある場合)の名前です。関連付けられたインデックスがない場合、またはインデックスに名前がない場合、このフィールドはNULLです。
IndexNumber SMALLINT ---,--9 PartitioningConstraintsVX.IndexNumberは、関連付けられたインデックスに割り当てられている内部番号(ある場合)です。 このフィールドは、プライマリ インデックスの場合は1です。 このフィールドは、パーティションがインデックスに関連付けられていない場合は0です。
ConstraintType CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) PartitioningConstraintsVX.ConstraintTypeはQ (パーティショニング制約)です。
ConstraintText VARCHAR(16000) UNICODE CASESPECIFIC X(16000) PartitioningConstraintsVX.ConstraintTextは、パーティション制約の未解決の条件テキスト(パーティション レベルから決定される暗黙の制約)です。
ConstraintCollation CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) PartitioningConstraintsVX.ConstraintCollationは、制約の評価に使用する照合です。E (EBCDIC)、A (ASCII)、M (MULTINATIONAL)、C (CHARSET_COLL)、J (JIS_COLL)またはU (セッション照合を使用)。
CollationName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) PartitioningConstraintsVX.CollationNameは、ConstraintCollationがCの場合はCHARSET_COLL照合名です。ConstraintCollationがUの場合はNULLです。それ以外の場合は、照合名(EBCDIC、ASCII、MULTINATIONALまたはJIS_COLL)です。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) PartitioningConstraintsVX.CreatorNameは、制約を作成したユーザーの名前です。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS PartitioningConstraintsVX.CreateTimeStampは、制約が作成された日時です。
CharSetID BYTEINT -(3)9 PartitioningConstraintsVX.CharSetIDは、この照合が使用されている場合、CHARSET_COLL照合の文字セットを識別する番号です。それ以外の場合はNULLです。 その文字セットがユーザー定義されたものである場合、このIDはDBC.CharTranslations.CharSetIDにも存在しなければなりません。
SessionMode CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) PartitioningConstraintsVX.SessionModeは、インデックス制約の評価におけるデフォルトの大文字小文字の区別を決定するために使用されるセッション モードの名前です。A (ANSI)、T (Teradata)。 文字データの比較を含まない制約に対しては、この値はNULLとなります。
ResolvedCurrent_Date DATE YY/MM/DD オブジェクトがDATEまたはCURRENT_DATEを使用して定義されたテーブルまたは結合インデックスである場合、PartitioningConstraintsVX.ResolvedCurrent_Dateは最後に調整された日付です。それ以外の場合はNULLです。
ResolvedCurrent_TimeStamp TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6)Z PartitioningConstraintsVX.ResolvedCurrent_Timestampは、オブジェクトがCURRENT_TIMESTAMPを使用して定義されたテーブルまたは結合インデックスである場合、最後に調整されたタイムスタンプです。それ以外の場合はNULLです。
DefinedCombinedPartitions BIGINT NOT NULL -(19)9 PartitioningConstraintsVX.DefinedCombinedPartitionsは、現在定義されている結合パーティションの数を示します。 この値はMaxCombinedPartitionsを超えない限り変更できます。
MaxCombinedPartitions BIGINT NOT NULL -(19)9 PartitioningConstraintsVX.MaxCombinedPartitionsは、許可される組み合わせパーティションの最大数を示します。この値はDefinedCombinedPartitions以上です。 テーブルが空ではない場合にこの値が変わることはありません。
PartitioningLevels SMALLINT NOT NULL -(5)9 PartitioningConstraintsVX.PartitioningLevelsは、パーティション レベルの数(1~62、両端を含む)を示します。
ColumnPartitioningLevel SMALLINT NOT NULL -(5)9 PartitioningConstraintsVX.ColumnPartitioningLevelは、列のパーティション レベルの数(1~62、両端を含む)または列のパーティションなし(値0)を示します。