16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

QryLogFeatureUseCountVは、DBC.DBQLogTblの現在のデータに基づいて使用カウントを提供します。

QryLogFeatureUseCountVビューは、BEGIN/REPLACE QUERY LOGGINGのWITH FEATUREINFOオプションとこのビュー(QryLogFeatureUseCountV)がリクエストに含まれる場合に統合されます。QryLogFeatureUseCountVは、DBQLogTblとQryLogFeatureListVビューのFeatureUsage列にビューを提供します。

特定および汎用の機能名

機能リストには、特定の機能名と、場合によっては汎用の機能名が含まれます。汎用の機能名は、対応する特定の機能名が記録されるときに記録されます。すべての特定の機能に対応する汎用の機能グループがあるわけではありません。次の表は、対応する汎用の機能名を持つ特定の機能名の一部のリストです。
以下のリストは、特定および汎用の機能グループ化の例として提供されていますが、完全な機能リストではありません。機能リストと機能のグループ化は変更される可能性があります。
特定の機能名 汎用の機能名
24 Teradata Columnar 109 列パーティション化
27 マルチ レベル パーティション化 26 行パーティション化
28 8 バイト パーティション化
29 2 バイト パーティション化
30 列パーティション化と行パーティション化 26 行パーティション化、109 列パーティション化
31 列パーティションとNoPI 109 列パーティション化
32 列パーティションとPI
33 列パーティションとPA
42 XMLデータ型 41 ユーザー定義型
43 JSONデータ型
44 DISTINCTデータ型
45 Structureデータ型
46 地理空間
47 3D地理空間
48 PERIODデータ型
49 ARRAYデータ型
50 NUMBERデータ型
104 Union Allの集約プッシュ 110 Union Allの後付け
105 Union Allのバイナリ結合プッシュ

例: QryLogFeatureUseCountVの使用

この例では、機能の使用状況に関するレポートを生成します。

SELECT cast(featurename as CHAR(50)) as FEATURENAME, FEATUREUSECOUNT 
FROM DBC.QryLogFeatureUseCountV order by 2 desc;

結果:

FEATURENAME                       FEATUREUSECOUNT
--------------------------------  ---------------
Block Level Compression                      8371
Primary Index                                8371
Hashed Table                                 8371
SET Table                                    7366
Non Unique Hashed Index                      6018
Fallback                                     3298
Unique Hashed Index                          3016
Parameterized Query                          1911
Partition Level Locking                      1659
Secondary Index                              1230
Teradata Stored Procedure                    1174
[...]
Autoreparse                                    15
User Defined Function                          11
Join Index                                      8
Bit Manipulation Function                       5
Fast Path Function                              5
MloadX                                          0
[...]