16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このビューは廃止されました。代わりに、PartitioningConstraintsV[X]システム ビューを使用してください。

ConstraintType列に設定できる値については、ConstraintType列を参照してください。

対応するテーブル

Xビューは、さらに以下のテーブルを参照します。
  • DBC.AccessRights
  • DBC.Owners
  • DBC.RoleGrants
  • DBC.Roles

CharSetID

その文字セットがユーザー定義されたものである場合は、CharSetID列のIDはDBC.CharTranslations.CharSetIDにも存在しなければなりません。

IndexName

プライマリ インデックスもプライマリAMPインデックスも含まないパーティション化されたテーブルまたは結合インデックスのパーティション化制約では、IndexNameはNULLです。プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックスを含むパーティション化されたテーブルのパーティション化制約では、インデックスに名前が指定されているかどうかによって、IndexNameはNULLまたはNULL以外です。

ResolvedCurrent_TimeStampとResolvedCurrent_Dateの可能値

  • オブジェクトが以下を使用して定義されている結合インデックスまたはテーブルである場合、値は最後に調整されたタイムスタンプになる。
    • CURRENT_TIMESTAMP
    • CURRENT_DATEまたはDATE

      パーティション、JI定義、またはテンポラル テーブルのいずれかに、システム定義結合インデックスがある。

  • その他のすべての場合には、NULLになる。

SessionModeの可能値

説明
A ANSI
T Teradata
NULL 文字データの比較を含まない制約