16.20 - TriggersV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:スキーマ

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) トリガーが存在するデータベースの名前を返します。
SubjectTableDataBaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) トリガーの対象テーブルが存在するデータベースまたはユーザーの名前を返します。これを使用して、孤立している可能性のあるトリガーを確認できます。
TableName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) トリガーが定義されているテーブルの名前を返します。
TriggerName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) トリガーの名前を返します。
EnabledFlag CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) トリガーが有効か無効かを示すコードを返します。
ActionTime CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) SQL文に関連してトリガーが発生したときに示すコードを返します。これらの値は次のとおりです: B = Before, A = After。
Event CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 次の説明を使用してアクションのタイプの説明を返します: ログオン、ログオフ、ログオン失敗。
Kind CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) トリガーが評価されるかどうかを示すコードを返します: S = 文(1回)、R = 各行がトリガー アクションによって変更されました。
OrderNumber SMALLINT ---,--9 必要に応じて、いつトリガーが同じアクション時間とイベントの実行に影響するかを指定します。
TriggerComment VARCHAR(255) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(255) トリガーのオプションのコメントを返します。
RequestText VARCHAR(12500) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(12500) トリガーの作成に使用された実際のリクエスト テキストを返します。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) CREATE/REPLACE TRIGGER文を発行したTeradataユーザーを返します。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 行内のオブジェクトが作成された日時を返します。
LastAlterName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ディクショナリ行を最後に更新したユーザーの名前を返します。
LastAlterTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS ディクショナリ行が最後に更新された時間を返します。
AccessCount INTEGER --,---,---,--9 対応するデータベース オブジェクトのアクセス数を返します。
LastAccessTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 対応するオブジェクトが最後にアクセスされた時間を返します。
CreateTxtOverflow CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) 'C'に設定すると、オブジェクトのCreateTextによりDBC.TVMがオーバーフローしたことを識別し、完全なテキストはDBC.TextTblに格納されます。
VTEventType CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) COLUMN DBC.TriggersVX.VTEventTypeは、対象テーブルのVT修飾子を記録します。
TTEventType CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) COLUMN DBC.TriggersVX.TTEventTypeは、対象テーブルのTT修飾子を記録します。