16.20 - QryLogUtilityV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:クエリー

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
ProcID DECIMAL(5,0) NOT NULL -(5)9 ディスパッチャのプロセスIDを返します。
CollectTimeStamp TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ログ項目が生成された時間を返します。
UtilityName VARCHAR(30) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(30) ユーティリティの名前を返します。
FastExportNoSpool CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) FastExportプロトコルを実装するユーティリティの場合、'Y'はNoSpoolモードを、'N'はSpoolモードを示しています。
ExtendedMLoad CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 'Y'はMLOADXを使用していること、'N'はMLOADXを使用していないことを示します。
DSAOperation CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 'D'はDUMP操作、'R'はRESTORE操作を示しています。
UtilityRequest VARCHAR(2048) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(2048) ジョブの主要なユーティリティSQLリクエスト。 ターゲット データベース、テーブル名が含まれます。 可能な文: BEGIN LOADING (FastLoad)、BEGIN MLOAD (MLOAD/MLOADX)、SELECT (FastExport)、DUMP/RESTORE (DSA)。
JobName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) DSAジョブ名。この時点ではその他のユーティリティに使用されません。
JobInstanceID INTEGER --,---,---,--9 DSAジョブ実行ID。この時点ではその他のユーティリティに使用されません。
LSN INTEGER --,---,---,--9 ユーティリティ ジョブで使用されるログオン連番。
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブを実行したユーザーの名前。
SessionID INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 制御SQLセッションのセッションID。
LogicalHostID SMALLINT NOT NULL -(5)9 制御SQLセッションの論理ホストID。
LogonDateTime TIMESTAMP(6) NOT NULL YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) 制御SQLセッション ログオンの日付(YYYY-MM-DD)と時刻(HH:MM:SS)。
WDID INTEGER --,---,---,--9 主要なユーティリティ作業に割り当てられるワークロード定義。
FinalWDID INTEGER --,---,---,--9 主要なユーティリティ作業が完了したワークロード定義。
SessionWDID INTEGER --,---,---,--9 クエリー解析に使用されるワークロード定義。
TDWMRuleID INTEGER --,---,---,--9 遅延の原因となるTDWMルールのルールID。
CPUDecayLevel SMALLINT ---,--9 CPU使用率が到達した最も重大な低下レベルが含まれます。
IODecayLevel SMALLINT ---,--9 I/O使用率が到達した最も重大な低下レベルが含まれます。
UserID BYTE(4) NOT NULL X(8) ユーティリティ ジョブを実行依頼したユーザーの識別子。
ZoneID BYTE(4) NOT NULL X(8) ユーティリティ ジョブを実行依頼したユーザーのゾーンID。
AcctString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブを実行依頼したユーザーの非拡張アカウント文字列。
ExpandAcctString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) アカウント拡張が呼び出された場合は、拡張形式のアカウント文字列。
AcctStringTime FLOAT 99:99:99 アカウント文字列に$Tが含まれている場合の時刻(HH:MM:SS)。
AcctStringHour SMALLINT -(5)9 アカウント文字列に$Hが含まれている場合の時間(HH)。
AcctStringDate DATE YY/MM/DD アカウント文字列に$Dが含まれている場合の日付(YY/MM/DD)。
LogonSource CHAR(128) LATIN NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーがシステムにアクセスした場所のID。
AppID CHAR(30) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(30) ユーティリティ ジョブのアプリケーションID。
ClientID CHAR(30) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(30) ユーティリティ ジョブのクライアントID。
ClientAddr CHAR(45) LATIN NOT CASESPECIFIC X(45) ユーティリティ ジョブのクライアント アドレス。
QueryBand VARCHAR(12304) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(12304) ユーティリティ ジョブで使用されるクエリー バンド。
ProfileID BYTE(4) X(8) ユーティリティ ジョブに使用されるプロファイルID。
ProxyUser VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブに使用されるプロキシ ユーザー。
ProxyRole VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブに使用されるプロキシ ロール。
OpEnvID INTEGER --,---,---,--9 ユーティリティ ジョブが実行された操作環境ID。
SysConID INTEGER --,---,---,--9 ユーティリティ ジョブが実行されたシステム条件ID。
NoClassification CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 将来の使用に備えて予約されます。
WDOverride CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 将来の使用に備えて予約されます。
ResponseTimeMet CHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) 将来の使用に備えて予約されます。
DelayTime FLOAT ----,---,---,---,--9.999 TDWMで遅延したユーティリティ ジョブの秒数。
JobStartTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ジョブ開始時刻。
JobEndTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ジョブ終了時刻。
RowsInserted FLOAT ----,---,---,---,--9 ユーティリティ ジョブで挿入された行数。
RowsUpdated FLOAT ----,---,---,---,--9 ユーティリティ ジョブで更新された行数。
RowsDeleted FLOAT ----,---,---,---,--9 ユーティリティ ジョブで削除された行数。
RowsExported FLOAT ----,---,---,---,--9 ユーティリティ ジョブでエクスポートされた行数。
NumSesOrBuildProc SMALLINT -(5)9 使用したセッション数。 DSAの場合、使用するビルド プロセスの数。
MaxDataWaitTime FLOAT ----,---,---,---,--9 入力データまたは出力リクエストに対する外部ソースからの最高待機時間(秒)。
MaxDataWaitTimeID INTEGER --,---,---,--9 最高待機時間に関連付けられたID。
Phase0StartTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ0の開始日付を返します。
Phase0EndTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ0の終了日時を返します。
Phase0TotalCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ0: CPU時間合計(秒)。
Phase0TotalCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ0で正規化されたCPU時間合計(秒)。
Phase0ParserCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ0の構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase0ParserCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ0で正規化された構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase0TotalIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ0の論理I/Oカウント。
Phase0IOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 フェーズ0の論理I/O (KB単位)。
Phase0PhysIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ0の物理I/Oの数を返します。
Phase0PhysIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ0の物理I/O使用量の合計をKB単位で返します。
Phase1StartTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ1の開始日付を返します。
Phase1EndTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ1の終了日時を返します。
Phase1TotalCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1: CPU時間合計(秒)。
Phase1TotalCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1で正規化されたCPU時間合計(秒)。
Phase1MaxCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1のAMP CPU最高時間(秒)。
Phase1MaxCPUAmpNumber INTEGER --,---,---,--9 フェーズ1 - CPU最高時間におけるAMPのID。
Phase1MaxCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1で正規化されたAMP CPU最高時間(秒)。
Phase1MaxCPUAmpNumberNorm INTEGER --,---,---,--9 フェーズ1 - 正規化されたCPU最高時間にけるAMPのID。
Phase1ParserCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1の構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase1ParserCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1で正規化された構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase1RSGCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1のRSG CPU時間(秒)。
Phase1RSGCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ1で正規化されたRSG CPU時間(秒)。
Phase1TotalIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1の論理I/Oカウント。
Phase1MaxIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1の最高論理I/O数。
Phase1MaxIOAmpNumber INTEGER --,---,---,--9 フェーズ1 - 最高論理I/O数のAMPのID。
Phase1IOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 フェーズ1の論理I/O (KB単位)。
Phase1PhysIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ1の物理I/Oの数を返します。
Phase1PhysIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ1の物理I/O使用量の合計をKB単位で返します。
Phase1MaxAWTUsage BYTEINT -(3)9 フェーズ1の最高AWT使用率。
Phase1MaxAMPMemoryUsage FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1のAMPメモリ最高使用率(MB)。
Phase1MaxRSGMemoryUsage FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1のRSGメモリ最高使用率(MB)。
Phase1RowCount FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1の行数。
Phase1BlockCount FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1のブロック数。
Phase1ByteCount FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ1のバイト数。
Phase2StartTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ2の開始日付を返します。
Phase2EndTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ2の終了日時を返します。
Phase2TotalCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2: CPU時間合計(秒)。
Phase2TotalCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2で正規化されたCPU時間合計(秒)。
Phase2MaxCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2のAMP CPU最高時間(秒)。
Phase2MaxCPUAmpNumber INTEGER ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2 - CPU最高時間におけるAMPのID。
Phase2MaxCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2で正規化されたAMP CPU最高時間(秒)。
Phase2MaxCPUAmpNumberNorm INTEGER --,---,---,--9 フェーズ2 - 正規化されたCPU最高時間にけるAMPのID。
Phase2ParserCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2の構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase2ParserCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2で正規化された構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase2RSGCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2のRSG CPU時間(秒)。
Phase2RSGCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ2で正規化されたRSG CPU時間(秒)。
Phase2TotalIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2の論理I/Oカウント。
Phase2MaxIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2の最高論理I/O数。
Phase2MaxIOAmpNumber INTEGER --,---,---,--9 フェーズ2 - 最高論理I/O数のAMPのID。
Phase2IOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 フェーズ2の論理I/O (KB単位)。
Phase2PhysIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ2の物理I/Oの数を返します。
Phase2PhysIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ2の物理I/O使用量の合計をKB単位で返します。
Phase2MaxAWTUsage BYTEINT -(3)9 フェーズ2の最高AWT使用率。
Phase2MaxAMPMemoryUsage FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2のAMPメモリ最高使用率(MB)。
Phase2MaxRSGMemoryUsage FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2のRSGメモリ最高使用率(MB)。
Phase2RowCount FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2の行数。
Phase2BlockCount FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2のブロック数。
Phase2ByteCount FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ2のバイト数。
Phase3StartTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ3の開始日付を返します。
Phase3EndTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ3の終了日時を返します。
Phase3TotalCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ3: CPU時間合計(秒)。
Phase3TotalCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ3で正規化されたCPU時間合計(秒)。
Phase3ParserCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ3の構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase3ParserCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ3で正規化された構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase3RSGCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ3のRSG CPU時間(秒)。
Phase3RSGCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ3で正規化されたRSG CPU時間(秒)。
Phase3TotalIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ3の論理I/Oカウント。
Phase3IOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 フェーズ3の論理I/O (KB単位)。
Phase3PhysIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ3の物理I/Oの数を返します。
Phase3PhysIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ3の物理I/O使用量の合計をKB単位で返します。
Phase3MaxAWTUsage BYTEINT -(3)9 フェーズ3の最高AWT使用率。
Phase3MaxAMPMemoryUsage FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ3のAMPメモリ最高使用率(MB)。
Phase3MaxRSGMemoryUsage FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ3のRSGメモリ最高使用率(MB)。
Phase4StartTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ4の開始日付を返します。
Phase4EndTime TIMESTAMP(6) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(6) ユーティリティ ジョブのフェーズ4の終了日時を返します。
Phase4TotalCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ4: CPU時間合計(秒)。
Phase4TotalCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ4で正規化されたCPU時間合計(秒)。
Phase4ParserCPUTime FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ4の構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase4ParserCPUTimeNorm FLOAT ZZ,ZZZ,ZZ9.999 フェーズ4で正規化された構文解析プログラムおよびディスパッチャのCPU時間(秒)。
Phase4TotalIO FLOAT ----,---,---,---,--9 フェーズ4の論理I/Oカウント。
Phase4IOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 フェーズ4の論理I/O (KB単位)。
Phase4PhysIO FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ4の物理I/Oの数を返します。
Phase4PhysIOKB FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ4の物理I/O使用量の合計をKB単位で返します。
Phase0UsedIota FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ0で使用されたIOTAを返します。
Phase1UsedIota FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ1で使用されたIOTAを返します。
Phase2UsedIota FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ2で使用されたIOTAを返します。
Phase3UsedIota FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ3で使用されたIOTAを返します。
Phase4UsedIota FLOAT ----,---,---,---,--9.999 ユーティリティ ジョブのフェーズ4で使用されたIOTAを返します。
ProfileName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーザーがユーティリティ ジョブを実行依頼したときのプロファイル名(存在する場合)を返します。
WDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブに割り当てられたワークロード定義(WD)名を返します。
FinalWDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) ユーティリティ ジョブが完全に実行されたワークロード定義名を返します。
SessionWDName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) セッションに関連付けられたワークロード定義名を返します。
OpEnvName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) Teradata動的ワークロード管理ソフトウェアにより現在アクティブになっているオペレーティング環境の名前を返します。
SysConName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) Teradata動的ワークロード管理ソフトウェアにより現在アクティブになっているシステム条件の名前を返します。