16.20 - DBQLRulesV - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:クエリー

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
UserName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ルールに関連したユーザーの名前を返します。
AccountString VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) DBQLルールで指定されたユーザーの特定のアカウント、またはすべてのアカウント文字列が適用される場合は空白を返します。
ApplName CHAR(30) LATIN NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(30) アプリケーションの名前を返します。
TypeOfRule VARCHAR(22) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(22) このルールによってロギングが有効にされるか、または無効にされるかを示します。
ExplainFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) 次のコードが使用されます: T = EXPLAINテキストはDBC.DBQLExplainTblに格納される。F = EXPLAINテキストは提供されない。
ObjFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) DBC.DBQLObjTblに格納されます。F = オブジェクト データは存在しない。
SqlFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) SQLテキストはDBC.DBQLSqlTblに格納されます。T (はい)、F (いいえ)。
StepFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) 次のコードが使用されます。T = ステップ レベルのデータはDBC.DBQLStepTblに格納される。F = ステップ レベルのデータはDBC.DBQLStepTblでは提供されない。
XMLPlanFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) XMLクエリー計画ロギングがオンかオフかを示します。値: T = オン、F = オフ。
StatsUsageFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) StatsUsage: T = 使用統計は保存される。F = 使用統計は存在しない。
Verbose VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) Verbose: T = Verboseの詳細が提供される。F = Verboseの詳細は提供されない。
DetailedStats VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) DetailedStats: T = 詳細統計が提供される。F = 詳細統計は提供されない。
NoColumns VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) NoColumns: T = 列詳細は記録されない。F = 列詳細が記録される。
SummaryFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) 次のコードが使用されます。T = サマリー情報はDBC.DBQLSummaryTblに格納される。F = データは集計されない。
ThresholdFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) T (DBC.DBQLSummaryTblのSummaryVal1と同じまたはそれよりも短いクエリー、DBC.DBQLogTblの長いクエリーの詳細データ)、F (SummaryFlagがTrue以外の場合、DBC.DBQLogTblのすべてのクエリーの詳細データ)
ObjectUsage VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) ObjectUsage: T =オブジェクト使用数が収集される。F = オブジェクト使用数は収集されない。
ParamFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) Param: T = パラメータと値が格納される。F = パラメータは記録されない。
FeatureUsage VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) FeatureUsage: T = 機能の使用状況が収集される。F = 機能の使用状況は記録されない。
UtilityInfoFlag VARCHAR(1) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(1) ユーティリティ情報が収集されるかどうかを示します。
TextSizeLimit INTEGER --,---,---,--9 DBQLogTblに格納するSQLテキストの文字数を返します。
SummaryVal1 SMALLINT ---,--9 サマリーまたはしきい値がTの場合、values <= 経過時間、CPU、またはIOのSummaryVal1
SummaryVal2 SMALLINT ---,--9 グループ2: SummaryVal1 < values <= 経過時間、CPU、またはIOのSummaryVal2
SummaryVal3 SMALLINT ---,--9 グループ3: SummaryVal2 < values <= 経過時間、CPU、またはIOのSummaryVal3、& 4: 経過時間、CPU、またはIOのSummaryVal3よりも大きい。
LockDelay INTEGER --,---,---,--9 LockDelayがDBQLクエリー ロギング ルールの一部としてキャプチャされた場合に情報を返します(LockDelayに名前変更)。
AlgMode BYTEINT -(3)9 このルールに使用するDBQL CPU/IO収集アルゴリズム。
TypeOfCriterion VARCHAR(22) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(22) サマリーまたはしきい値で使用する基準を返します。
DetailDiag INTEGER --,---,---,--9 詳細診断フラグ。