16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

同じログインIDでTeradata Databaseにログオンしているセッションの集合である現在のセッション プールに関する情報は、DISPLAY POOLコマンドの入力によってアクセスできます。DISPLAY POOLの詳細については、<Teradata® TDPリファレンス、B035-2416>を参照してください。

LogonSource

LogonSource列の代替列(利用可能な場合)を使用することを推奨します。LogonSourceで推奨される列の詳細については、LogonSource列フィールドおよび例を参照してください。

ClientConnectionTypeの可能値

説明
1 クライアントがゲートウェイ経由でTCP/IPを使用して接続している。
2 クライアントがメインフレーム接続ホストを経由してメインフレームから接続している。

CurrentCollationの可能値

説明
A ASCII
E EBCDIC
H Host
M Multinational
C CharSet_Coll
J JIS_Coll

DirUserNetConfidentiality、UnityNetConfidentiality、EffectiveSessionNetConfの可能値

これらの列がIまたはCに設定されている場合は、必要な保護のレベルを示します。

説明
I 保全性のために必要な保護のレベルを示します。これは、セキュリティ ポリシーに使用するLDAPディレクトリ内のルックアップによって取得されます。レベルは、デフォルト(D)、低(L)、中(M)、および高(H)です。
C 機密性のために必要な保護のレベルを示します。これは、セキュリティ ポリシーに使用するLDAPディレクトリ内のルックアップによって取得されます。レベルは、デフォルト(D)、低(L)、中(M)、および高(H)です。

ExpiredPasswordの可能値

説明
Y Yes(セッション制御の手続きにより設定される)
N No(ユーザーに新しいパスワードが割り当てられるときにパーサーにより設定される)

LogonRedriveの可能値

説明
' ' 関与しない
MEMORY NON-FALLBACK RESPONSES メモリ ベースの再ドライブへの関与
NULLまたは空白 セッションは再ドライブに関与せず、データベースの再始動はアプリケーションおよびユーザーに透過的ではない。

LoadingOpの可能値

説明
T セッションの負荷分離が有効になります。これがセッションのデフォルトの設定です。
F セッションの負荷分離が無効になります。

Partitionの可能値

説明
7 コンソール ユーティリティのパーティション番号
8 DBCコンソール プロシージャがホスト ユーティリティによって開始されるパーティション
9 ファイル システムのパーティション番号
10 ゲートウェイのパーティション番号
11 ワーカー タスクのパーティション番号
12 セッション制御のパーティション番号
13 ディスパッチャのパーティション番号
14 パーサーのパーティション番号
15 スタートアップのパーティション番号
17 リソース サンプリング サブシステム(RSS)スタートアップのパーティション番号
18 分散データベース ファイル(DDF)サーバーのパーティション番号
19 リレー サービス ゲートウェイ(RSG)パーティション番号
47 レプリケーション ゲートウェイrsgdbsmainパーティション番号

ProxyLogonの可能値

説明
T ユーザーが同じUnityシステムで管理されている別のTeradata Databaseで以前に検証された場合、ProxyLogon列はUnityが既存の信頼証明を使用してそのユーザーをTD2セッションにログオンしたかどうかを示します。これが行なわれた場合、ProxyLogonはTに設定されます。
F Falseは、TD2セッションが有効なパスワードを使用してログオンしたか、またはログオンを試みたことを示します。

TTGranularityの可能値

説明
LOGICALROW 行は、AMPによって行が処理された時刻でタイムスタンプが設定されます。
REQUEST 行は、リクエストが実行された時刻でタイムスタンプが設定されます。
TRANSACTION 行は、テンポラル テーブルに対して最初にロックされていない参照を実行したときの時刻、またはトランザクションでビルトイン関数TEMPORAL_TIMESTAMPに最初にアクセスしたときの時刻にタイムスタンプが設定されます。

UnicodePassThroughの可能値

説明
S UNICODE PASS THROUGHセッション属性が有効。
F UNICODE PASS THROUGHセッション属性が無効。