16.20 - データ ディクショナリの格納内容 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

各データベース オブジェクトに関する情報はシステム テーブルに保存されます。

システム テーブルは直接変更できず、システムがデータベースの整合性を管理、保守するために使用します。

システム テーブルの情報は、Teradata Databaseに保存されているオブジェクトとユーザー データの作成、アクセス、変更、実行のために使用されます。

プライマリ システム テーブルには以下が含まれます。

  • Dbase:このテーブルには、システムにインストールされた各データベースに関する情報が含まれます。データベース情報には、このデータベースに関連付けられた名前(データベース名、所有者名、アカウント名など)、タイムスタンプ、パスワードなどが含まれます。
  • DataBaseSpace:このテーブルには、各データベースのスペース割り当てが含まれます。
  • TVMおよびTVFields: この2つのテーブルには、データベースに保存されているすべてのテーブル、マクロ、およびその他のオブジェクトが含まれます。
  • Accessrights:このテーブルには、データベースに保存されている各オブジェクト タイプのユーザー アクセス権に関する情報が含まれています。

Teradata databaseは、以下のデータベース オブジェクトをサポートします。

  • SQLで記述されたストアド プロシージャおよびC/C++とJavaで記述された外部プロシージャ。
  • ユーザー定義型(UDT)、ユーザー定義関数(UDF)、およびユーザー定義メソッド(UDM)。これらの関数とメソッドは、必要とされるどのようなタイプのデータの処理と操作でも実行するツールセットになります。

これらのオブジェクトの詳細については、データベース オブジェクトを参照してください。