16.20 - IndexUseCountV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: アカウンティング

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) アクセス カウントまたはUDIカウントが記録されるオブジェクトのデータベース名を返します。
TableName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) インデックスがリクエストで使用されたテーブルの名前を返します。
IndexName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) クエリーでアクセスされたインデックスの名前を返します。
IndexNumber SMALLINT NOT NULL ---,--9 テーブル アクセスに使用されるテーブルのプライマリまたはセカンダリ インデックスを返します。
FieldName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 利用状況タイプがDMLタイプの場合はテーブルのフィールド名を、利用状況が統計用の場合はStatsId (統計の最適化ルーチンの利用状況)を返します。
UsageType CHAR(3) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(3) オブジェクトの利用状況タイプを返します。DMLまたはSTAのいずれかです。
AccessCount BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 ユーザーが最後にリセットしてからのアクセス数を返します。