16.20 - DatabasesV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ:データベース

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) データベースの名前、またはALL/DEFAULT/PUBLICのいずれかの特殊なシステム キーワードを返します。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) CREATE DATABASE文を発行したTeradataユーザーを返します。
OwnerName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) データベースの所有者名。
AccountName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) リクエストが送信されたときに使用される拡張アカウント。 SYSTEMACCOUNTNOは、テーブル再作成、ディスクコピー、スキャンディスクなどのコンソール ユーティリティ アクティビティを追跡します。
ProtectionType CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) データベース内のテーブルがフォールバック オプションで保護されているかどうかを示すため、F (フォールバック)またはN (なし)を返します。
JournalFlag CHAR(2) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(2) テーブルで有効なジャーナリング、またはテーブルのデフォルト ジャーナル。設定: 最初の文字はBEFORE、2番目の文字はAFTER。
PermSpace BIGINT NOT NULL --,---,---,---,---,---,--9 すべてのAMPでデータベースに割り当てられた合計領域を示す整数を返します。
SpoolSpace BIGINT NOT NULL --,---,---,---,---,---,--9 データベースに許容される最大スプール領域を示す整数を返します。DatabaseNameがPUBLICの場合、SpoolSpaceは0です。
TempSpace BIGINT NOT NULL --,---,---,---,---,---,--9 データベース、プロファイル、またはユーザーに割り当てられた最大一時領域をバイト単位で返します。
CommentString VARCHAR(255) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(255) 列、データベース、テーブル、ビュー、マクロ、ユーザー定義関数、ユーザー定義型、ユーザー定義メソッド、ストアド プロシージャ、ロール、プロファイル、ユーザー指定テキストまたは注釈を返します。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 行内のオブジェクトが作成された日時を返します。
LastAlterName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ディクショナリ行を最後に更新したユーザーの名前を返します。
LastAlterTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS ディクショナリ行が最後に更新された時間を返します。
DBKind CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) 行情報がデータベース(D)とユーザー(U)のどちらを表わすかを示す情報を返します。
AccessCount BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 対応するデータベース オブジェクトのアクセス数を返します。
LastAccessTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 対応するオブジェクトが最後にアクセスされた時間を返します。
DefaultMapName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) データベースまたはユーザーのデフォルトのmapnameを返します。NULLは、データベースまたはユーザーにデフォルト マップが指定されていないことを示します。
MapOverride VARCHAR(1) LATIN NOT CASESPECIFIC X(1) MapOverrideは、デフォルト マップのエラーの上書きのありとなしを示します。"N"は上書きしないことを示します。"E"はOVERRIDE ON ERRORを示します。
IncrementalRestoreEnabled INTEGER --,---,---,--9 データベースに対して増分リストアが有効になっているかどうかを示します。