16.20 - FunctionAliasV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 操作

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 関数の別名オブジェクトが存在するデータベースまたはユーザーの名前を返します。
FunctionAliasName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) 関数の別名の名前を返します。
FunctionAliasType VARCHAR(6) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(6) 関数の別名がネイティブ用かリモート用かを返します。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) CREATE FUNCTION MAPPING文を発行したTeradataユーザーを返します。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS CREATE FUNCTION MAPPING文が発行された時刻を返します。
LastAlterName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) ディクショナリ行を最後に置き換えたユーザーの名前を返します。
LastAlterTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS ディクショナリ行が最後に更新された時間を返します。