16.20 - 例: QryLogParamJSONからのJSONデータの選択 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、PARAMINFOオプションがBEGIN/REPLACE QUERY LOGGING文で有効になっていることを前提とします。SELECT文は、QryLogParamJSONからデータを選択し、DBC.DBQLParamTblテーブルのすべての行をJSON文書に変換します。

幅を500に設定したBTEQからこのクエリーを実行します。

.width 500;
select QueryID, RowNum, ParamJSON from QryLogParamJSON;

結果:

QueryID            RowNum ParamJSON
------------------ ------ -------------------------------------------------------------
307190733539634351 1      {"QueryID":"307190733539634351","HostCharSet":"127",
                          "ParamInfo":[{"Name":"x","Type":"INTEGER","Size":4,
                          "Position":1}]}
307190733539634351 2      {"QueryID":"307190733539634351","Data Record":{"x":"10"}}