16.20 - AllSpaceV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: アカウンティング

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
Vproc INTEGER NOT NULL --,---,---,--9 イベントがログに記録された仮想プロセッサを示します。
DatabaseName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) データベースの名前または次の特殊なシステム キーワードのいずれかを返します: ALL、DEFAULT、PUBLIC。
AccountName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) リクエストが送信されたときに使用される拡張アカウント。 SYSTEMACCOUNTNOは、テーブル再作成、ディスクコピー、スキャンディスクなどのコンソール ユーティリティ アクティビティを追跡します。
TableName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) テーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスの名前を返します。
MaxPerm BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 指定したAMP (または、SUM集約演算子が指定されている場合はすべてのAMP)のデータベースに割り当てられている最大固定領域を表わす整数をバイト単位で返します。
MaxSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 指定したAMP (または、SUM集約演算子が指定されている場合はすべてのAMP)のデータベースに割り当てられている最大スプール領域を表わす整数をバイト単位で返します。
MaxTemp BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 指定したAMP (または、SUM集約演算子が指定されている場合はすべてのAMP)のデータベースに割り当てられている最大一時領域を表わす整数をバイト単位で返します。
CurrentPerm BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 このフィールドは、データベースまたはテーブルによって現在使用されているAMPあたりの固定領域の量を示します。
CurrentSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 このフィールドは、ユーザーが現在使用しているAMPあたりのスプール領域の量を示します。
CurrentPersistentSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 このフィールドは、ユーザーが現在使用しているAMPあたりの永続スプール領域の量を示します。
CurrentTemp BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 vprocあたりの一時テーブルによって現在使用されているバイト数を返します。
PeakPerm BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 前回のDBC.ClearPeakDiskマクロ実行以降にデータベースによって使用された、AMPごとの固定領域の最大容量を返します。
PeakSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 指定されたAMP (または、SUM集約演算子が指定されている場合はすべてのAMP)上のデータベースで、使用されたことのある最大スプール領域(バイト単位)を表わす整数値を返します。
PeakPersistentSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 指定されたAMP (または、SUM集約演算子が指定されている場合はすべてのAMP)上のデータベースで、使用されたことのある最大の永続スプール領域(バイト単位)を表わす整数値を返します。
PeakTemp BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 vprocごとの一時テーブルで1回に使用されたピークのバイト数を返します。
MaxProfileSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 ユーザーにスプール領域設定を持つプロファイルが割り当てられている場合に、ユーザーのプロファイルのスプール領域のAMPごとの制限を返します。それ以外の場合、この列はNULLです。
MaxProfileTemp BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 ユーザーに一時領域設定を含むプロファイルが割り当てられている場合に、ユーザーのAMPあたりのプロファイルの一時領域の制限を返します。それ以外の場合、この列はNULLです。
AllocatedPerm BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 永久およびユーザー定義の一時テーブル領域に対する現在の合計割り当てをバイト単位で返します。
AllocatedSpool BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 スプールおよび他のシステム定義の一時テーブル領域に対して現在の合計割り当てをバイト単位で返します。
AllocatedTemp BIGINT --,---,---,---,---,---,--9 一時テーブル領域に対して現在の合計割り当てをバイト単位で返します。
PermSkew SMALLINT ---,--9 AMPレベルでの固定領域使用状況に対する許容スキュー制限パーセントを返します。
SpoolSkew SMALLINT ---,--9 AMPレベルでのスプール領域使用状況に対する許容スキュー制限パーセントを返します。
TempSkew SMALLINT ---,--9 AMPレベルでの一時領域使用状況に対する許容スキュー制限パーセントを返します。