16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Indicesビューから返される行は、各インデックスの各列に対応します。したがって、複数の列で構成されるインデックスに関して問合わせた場合には、複数の行が返されます。

一部の列の値は、Teradataテンポラル テーブルまたはANSIテンポラル テーブルに関連する情報を示します。これらのテーブルの詳細については、<Teradata® Vantage ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata® Vantageテンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

対応するテーブル

Xビューは、さらに以下のテーブルを参照します。
  • DBC.AccessRights
  • DBC.Owners
  • DBC.Roles
  • DBC.RoleGrants

IndexModeの可能値

説明
H セカンダリ インデックス行はAMPにハッシュ分散されます。
L セカンダリ インデックス行は基本データ行と同じAMPにあります。
インデックス タイプが結合インデックス(J)またはハッシュ インデックス(N)である場合、Lが返される。この場合、Lは空の値を表わす。
NULL プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス

IndexNumberの可能値

IndexNumberはインデックスに割り当てられた内部番号です。

説明
1 プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス
4の倍数(つまり、4 ~ 128までの数字) セカンダリ インデックス

RowSizeFormatの可能値

RowSizeFormatは行のサイズを示します。

説明
0 最大64 KBの行サイズ
1 最大1MBの行サイズ

IndexType

説明
P 非パーティション プライマリ インデックスは、プライマリ インデックスがPRIMARY KEYまたはUNIQUE (それぞれKまたはU)でもある場合を除き、この列に対して使用されます
Q 行、列またはその両方がパーティション化されたパーティション プライマリ インデックスは、プライマリ インデックスがPRIMARY KEYまたはUNIQUE (それぞれKまたはU)でもある場合を除き、この列に対して使用されます
A プライマリAMPインデックスを示します。
S セカンダリ インデックスは、プライマリ インデックスがPRIMARY KEYまたはUNIQUE (それぞれKまたはU)でもある場合を除き、この列に対して使用されます
J 結合インデックス
N ハッシュ インデックス
K プライマリ キー
U 固有性制約
V 値順セカンダリ インデックス
H ハッシュ順ALLカバーリング セカンダリ インデックス
O 値順ALLカバーリング セカンダリ インデックス
I 複合セカンダリ インデックススの列の並べ替え
1 結合インデックスの最初のフィールドを構成するすべての列を示します。
この値は結合およびハッシュ インデックスに使用されます。
2 結合インデックスの2番目のフィールドを構成するすべての列を示します。
この値は結合およびハッシュ インデックスに使用されます。
G 地理空間非固有セカンダリ インデックス。
テーブルがパーティション化されているかどうか、およびプライマリ インデックスがいつプライマリ キーまたは固有性制約に対するものになるかを判断するには、DBC.TablesV[X].PartitioningLevels列またはDBC.PartitioningConstraintsV[X].PartitioningLevels列を参照してください。

プライマリ インデックス テーブルがパーティション化されているかどうか(プライマリ インデックスがいつプライマリ キーまたは固有性制約に対するものではなくなるか)を判断するには、IndexType列の値を参照してください。IndexTypeは、非パーティション プライマリ インデックスの場合はP、パーティション プライマリ インデックスの場合はQに設定されます。

例: IndicesVの使用

次の文の結果は、1と2のDBC.IndicesV[X].IndexTypeになります。

CREATE JOIN INDEX BB_OTB_DATA.ORDER_JOIN_LINE ,NO FALLBACK ,CHECKSUM = DEFAULT AS
SELECT (BB_OTB_DATA.lineitem.l_orderkey ,BB_OTB_DATA.orders.o_orderdate,
        BB_OTB_DATA.orders.o_custkey ,BB_OTB_DATA.orders.o_totalprice),
       (BB_OTB_DATA.lineitem.l_partkey ,BB_OTB_DATA.lineitem.l_quantity,
        BB_OTB_DATA.lineitem.l_extendedprice,         BB_OTB_DATA.lineitem.l_shipdate )
FROM
(BB_OTB_DATA.lineitem  LEFT OUTER JOIN BB_OTB_DATA.orders  ON
BB_OTB_DATA.lineitem.l_orderkey =  BB_OTB_DATA.orders.o_orderkey )
ORDER BY BB_OTB_DATA.orders.o_orderdate ASC
PRIMARY INDEX ( l_orderkey );

このクエリーは、値が“1”のDBC.IndicesV[X]の4つの行(結合インデックスの最初のフィールドの4つの列)および値が“2”の4つの行(結合インデックスの2番目のフィールドの4つの列)になります。

LDITypeの可能値

負荷分離(LDI)テーブルまたは結合インデックスで定義されたUSIまたはNUSI。次のテーブルに可能値を示します。

説明
NULL 負荷分離されていないテーブルおよびテーブルの結合インデックス、プライマリ インデックス、またはプライマリAMPインデックスのセカンダリ インデックス。LDITypeは、負荷分離(LDI)テーブルおよび非LDIテーブルの結合インデックス、プライマリ インデックス、またはプライマリAMPインデックスに対してNULLに設定されます。
E 基本テーブルおよびセカンダリ インデックスはロード分離されます。
N 基本テーブルはロード分離されますが、セカンダリ インデックスはロード分離されません。

SystemDefinedJIの可能値

説明
Y TVM行には、システムによって定義される結合インデックスが記述される。このようなインデックスは、基となるベース テーブルにテンポラル制約がある場合に定義される。
NULL システム内の任意の他のオブジェクトまたはユーザー定義結合インデックス。

TTConstraintTypeの可能値

説明
C CURRENT
N NONSEQUENCED
NULL テーブルのすべての行がTRANSACTIONTIMEをサポートしない場合に使用されます。

テーブルがTRANSACTIONTIMEをサポートしている場合、NULLの値は、行がインデックス用であり、テンポラルな固有性制約またはプライマリ制約用ではないことを示します。

S SEQUENCED

UniqueOrPKの可能値

説明
U 固有
K プライマリ キー
NULL 固有またはプライマリ キー制約が時間次元に関連付けられていないか、その行が固有またはプライマリ キー制約の記述の対象ではありません。

VTConstraintTypeの可能値

説明
A ANSIQUALIFIER
ANSIテンポラル テーブルでは、Teradataテンポラル テーブルを使用するシステムのセッション テンポラル修飾子を明示的にANSIQUALIFIERに設定する必要があります。
C CURRENT
N NONSEQUENCED
NULL テーブルのすべての行がVALIDTIMEをサポートしない場合に使用されます。

テーブルがVALIDTIMEをサポートしている場合、NULLの値は、行がインデックス用であり、テンポラルな固有性制約またはプライマリ制約用ではないことを示します。

S SEQUENCED
W WITHOUT OVERLAPSで定義される固有のまたはプライマリ キーの制約。ANSI valid-timeテーブルの定義には、行に重複するvalid-time期間が含まれるのを回避するプライマリ キーまたは固有制約を含めることができます。