16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBC.QryLogClientAttrVを使用して、リクエストごとにクライアントの属性を取得します。以前、DBC.DBQLogTblには、クライアントの属性に制限がありました。DBC.QryLogClientAttrVは、DBQLのデフォルトのロギングの下にログ記録されるクエリーに対してDBC.EventLogとDBC.DBQLogTblの間の一対多のリレーションを表わします。このビューを使用して、リクエストごとにクライアント属性の正確かつ豊富なセットを取得することをお勧めします。

ProxyLogonの可能値

説明
T ユーザーが同じUnityシステムで管理されている別のTeradata Databaseで以前に検証された場合、ProxyLogon列はUnityが既存の信頼証明を使用してそのユーザーをTD2セッションにログオンしたかどうかを示します。これが行なわれた場合、ProxyLogonはTに設定されます。
F Falseは、TD2セッションが有効なパスワードを使用してログオンしたか、またはログオンを試みたことを示します。