16.20 - RI_Child_TablesV[X] - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

カテゴリ: 整合性

データベース: DBC

ビューの列 データ型 書式 コメント
IndexID SMALLINT NOT NULL ---,--9 参照インデックス番号を返します。注: これはIndexNumberと同じではありません。
IndexName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC X(128) 参照インデックスの名前を返します。
ChildDbID BYTE(4) NOT NULL X(8) 参照テーブルのデータベースIDを返します。
ChildTID BYTE(6) NOT NULL X(12) 参照テーブルのテーブルIDを返します。
ChildKeyFID SMALLINT NOT NULL ---,--9 参照キーの列のフィールドIDを返します。
ParentDbID BYTE(4) NOT NULL X(8) 参照されているテーブルのデータベースIDを返します。
ParentTID BYTE(6) NOT NULL X(12) 参照されているテーブルのテーブルIDを返します。
ParentKeyFID SMALLINT NOT NULL ---,--9 参照されているキーの列のフィールドIDを返します。
InconsistencyFlag CHAR(1) LATIN UPPERCASE NOT NULL X(1) リストア後の関連する親子オブジェクト定義間の不整合を許可します: Y (はい)、N (いいえ)。
CreatorName VARCHAR(128) UNICODE NOT CASESPECIFIC NOT NULL X(128) テーブルまたはデータベースの作成者。DBC.AllRightsの場合は明示的な付与者、それ以外の場合はCREATE文を実行したユーザー。
CreateTimeStamp TIMESTAMP(0) YYYY-MM-DDBHH:MI:SS 行内のオブジェクトが作成された日時を返します。
VTFKType CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) DBC.RI_Child_TablesVX.VTFKTypeは、外部キーのValidTime次元を定義します。
TTFKType CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) DBC.RI_Child_TablesVX.TTFKTypeは、外部キーのTransactionTime次元を定義します。
VTPKType CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) DBC.RI_Child_TablesVX.VTPKTypeは、親キーのValidTime次元を定義します。
TTPKType CHAR(1) LATIN UPPERCASE X(1) DBC.RI_Child_TablesVX.TTPKTypeは、親キーのTransactionTime次元を定義します。