16.20 - 例: TableSizeVの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ ディクショナリ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
ユーザー ガイド
管理
Publication ID
B035-1092-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: TableSizeVを使用して現在の合計ディスク領域とピーク時の利用状況を比較する

次のSELECT文は、現在Employeeで使用されている全ディスク領域とピーク時の使用領域を示します。

SELECT SUM(PeakPerm), SUM(CurrentPerm)
       FROM DBC.TableSizeV WHERE TableName='Employee';

結果:

       Sum(PeakPerm)   Sum(CurrentPerm)
       -------------   ----------------
         260,608            260,608

例: TableSizeVを使用してマップ中の各テーブルのサイズを表示する

特定のマップで定義されたテーブルのサイズを表示する手順:

SELECT tabv.databasename, tabv.tablename, vproc, sum(currentperm)
FROM DBC.TableSizeV tabsz, DBC.TablesV tabv 
WHERE tabsz.databasename = tabv.databasename 
AND tabsz.tablename = tabv.tablename AND mapname = 'MyMap1' 
GROUP BY 1,2,3;

例: TableSizeVを使用して各AMP中のデータベースの固定領域使用状況を表示する

各AMP中で個々のデータベースにマッピングされている固定領域の使用状況を表示する手順:

SELECT tabv.mapname, tabv.databasename, vproc, sum(currentperm)
FROM DBC.TableSizeV tabsz, DBC.TablesV tabv 
WHERE tabsz.databasename = tabv.databasename 
AND tabsz.tablename = tabv.tablename
GROUP BY 1,2,3;

例: TableSizeVを使用してシステムでマッピングされているデータベース固定領域の使用状況を表示する

システムで各データベースにマッピングされている固定領域の使用状況を表示する手順:

SELECT tabv.mapname, tabv.databasename, sum(currentperm)
FROM DBC.TableSizeV tabsz, DBC.TablesV tabv 
WHERE tabsz.databasename = tabv.databasename 
AND tabsz.tablename = tabv.tablename
GROUP BY 1,2;