ワークフローの概要 - Parallel Transporter

Teradata Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
16.20
Published
2018年4月
Language
日本語
Last Update
2018-09-07
dita:mapPath
ja-JP/eho1512702793064.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/eho1512702793064.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities

Wizardの基本的なワークフローでは、単純なTeradata PTスクリプトの要素が作成されます。 以下に、代表的なワークフローを示します(ただし、このフローは変動することがあります)。

  1. ジョブ名と説明を入力する。
  2. データ ソースを選択する。
  3. データの宛先を選択する。
  4. ソースを宛先にマップする。
  5. 処理タイプを選択する(例: Load、Update、またはStreamオペレータを使用する代わりに、単純な挿入またはアップサートを使用するなど)。
    Teradata PT Wizardは、データ ソースに応じてDataConnector、Export、またはODBCオペレータを使用してデータを抽出します。
  6. ジョブ コンポーネントを生成する。
  7. ジョブを実行する。

作成されたスクリプトは、再実行、編集、または他のスクリプトにコピーすることができます。

スクリプトが実行されると、以下の出力が生成され、メイン ウィンドウの様々なタブに表示されます。

  • ジョブ出力タブをクリックすると、実行されたジョブの概要が表示されます。
  • ジョブ詳細タブをクリックすると、ジョブ インスタンスを一覧表示する詳細なテーブルが表示されます。

    このテーブルには実行中のジョブのステータスも表示され、ジョブの進行状況に応じて動的に更新されます。

  • ジョブ スクリプトタブをクリックしてスクリプト全体を表示します。各行にはコメントとして行番号が付いています。