NewHashBucketSize - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage

目的

次のシステム初期化または再構成の後、ハッシュ バケットを識別するために使用するビット数を指定します。この設定により、システムが作成できるハッシュ バケットの数が決まります。16ビットに設定した場合は65,536個のTeradata Databaseハッシュ バケット、20ビットに設定した場合は1,048,576個のTeradata Databaseハッシュ バケットとなります。

Teradata Database並列システムの1つの目標は、作業をシステム リソース(ノード、仮想プロセス、記憶域)間に均等に分散することです。 AMP vprocが使用するハッシュ バケットの数は、AMPが実行する必要のある作業量に直接関係しています。 ハッシュ バケットを多く持っているAMPはより多くのデータを管理するため、ハッシュ バケット数の少ないAMPよりも多くの作業を実行します。

多くのシステムでは、AMPの数が使用可能なハッシュ バケット数で均等に割り切れることはありません。このため、一部のAMPは他のAMPより多くのハッシュ バケットが割り当てられています。AMPあたりのハッシュ バケット数が比較的大きい場合は、不均衡もそれに比例して少なく、AMPが実行しなければならない作業量の差も比較的小さくなります。

ただし、システムのAMPの数が増えるにつれて、各AMPが使用できるハッシュ バケット数は少なくなります。AMPあたりのハッシュ バケット数が少ない場合は、AMPあたりのハッシュ バケット数の不均衡の影響も、それに比例して大きくなります。この結果、システムの動作効率が低下します。

例えば、656個のハッシュ バケットを使用しているAMPは、655個のハッシュ バケットを使用しているAMPに比べて、1/656または0.15%多く作業を行なう必要がありますが、66個のハッシュ バケットしか使用していないAMPは、65個のハッシュ バケットを使用しているAMPより、1/66または1.52%多く作業を行なう必要があります。

一部のAMPが他のAMPより多くのハッシュ バケットを持っている場合、システムおよび各AMPが使用できるハッシュ バケット数を増やすと、不均衡の影響を緩和することができます。

フィールド グループ

一般

有効な設定値

16ビットと20ビット

デフォルト

デフォルト 説明
20ビット Teradata Databaseの新規インストール
16ビット 以前のバージョンのTeradata Databaseからアップグレードされたシステム

変更の反映

次のシステムの初期化または再構成後。

関連トピック

CurHashBucketSizeを参照してください。