Table Rebuildユーティリティのコマンド - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage

Table Rebuildのコマンドライン環境では、以下のコマンドの入力ができます。

コマンド 説明
REBUILD AMP 指定したAMPのすべてのテーブル、選択したテーブル、または選択したデータベース内のすべてのテーブルを再作成します。
REBUILD AMP FALLBACK TABLES フォールバック保護されたテーブルだけを再作成します。
RESTART REBUILD すべてのテーブルの再作成処理を再始動します(ALL TABLESオプションが指定されたREBUILDコマンド)。

コマンドの詳細については、後の節で説明します。

使用上の注意

通常、Table Rebuildは、データベース ウィンドウのアプリケーション ウィンドウから開始されるフォアグラウンド プロセスとして対話式に実行されます。この場合、プログラムからの出力はウィンドウに送られます。Table Rebuildは、オプションで、バックグラウンド プロセスとして実行することもできます。この場合は、プログラムからの出力は専用のテーブルに記録され、画面には表示されません。バックグラウンドのすべての再作成操作は、Table Rebuildが終了された後も、完了するまで継続して実行されます。詳細については、REBUILD AMPおよびREBUILD AMP FALLBACK TABLESのLOG INTOオプションの説明を参照してください。

再作成操作は、フォアグラウンドでもバックグラウンドでも、同時に複数実行することができます。対話式のフォアグラウンド セッションの場合、データベース ウィンドウで使用できる4つのアプリケーション ウィンドウを利用して最大4セッションまで可能です。セッションごとに、それぞれ異なるクラスタのAMPのテーブルを再作成する必要があります。

バックグラウンドの再作成プロセスの場合は、同時に実行できる数に制限はなく、同じアプリケーション ウインドウからいくつでも起動できます。再作成プロセスごとに、それぞれ異なるクラスタのAMPのテーブルを再作成する必要があります。

エラー処理

Table Rebuildユーティリティは、対話式にメッセージを発行します。

処理が完了したあと、Table Rebuildユーティリティによって以下のメッセージが返されることがあります。

Bad table header on AMP ccc-p for table tablename
このメッセージが出される原因は、以下のいずれかの条件です。
  • テーブル ヘッダーが存在しない。これは、Table Rebuildの開始後にテーブルが削除されたことが原因かもしれません。
  • ヘッダーは見つかったが、特定のAMPでテーブルが正常に再作成されなかった。

このテーブルを回復するには、最新のアーカイブから復元する。アーカイブからの復元がオプションに含まれない場合、Teradataサポート センター(TSC)へ連絡してください。

システムの再構成中にテーブルが無効な状態になっていて再配置可能でないことを示すマークが付けられている場合、そのテーブルに含まれる行については、それらがふさわしい位置にあるという保証はありません。Table Rebuildによりテーブルを再作成できず、「テーブルtablenameのReconfigアボートが保留中のため、再作成できません。」が表示されます。その場合には、テーブルを再作成する前に、最後に作成したアーカイブからまずそれらのテーブルを回復するか、またはそれらのテーブルを削除する必要があります。

スパース マップ(またはシステム内のすべてのAMPのサブセットのみを含む連続マップ)を使用するテーブルは、必ずしもシステムのすべてのAMPに分散されるわけではありません。再作成用に指定されたテーブルが、REBUILDコマンドで指定されたAMP上に存在しない場合、テーブル再作成によって次のメッセージが発行されます。
Unable to rebuild table tablename due to table not in rebuilt AMP
連続マップとスパース マップの詳細については、<Teradata Vantage™ データベース設計、B035-1094>を参照してください。

AMPの処理に関連したエラー メッセージの詳細については、<Teradata Vantage™ データベース メッセージ、B035-1096>を参照してください。

ヘルプの表示

Table Rebuildユーティリティに関するヘルプ情報を入手するには、データベース ウィンドウのアプリケーション ウィンドウでF7キーを押します。以下に示すように、二次レベルのファンクション キーのセットが表示されます。

Help
The Table Rebuild utility allows you to recover the data tables on a
specified AMP’s disk(s) by copying the fallback copy maintained by the
other AMPs in the cluster.  You may rebuild all or part of the tables on
an AMP via the options listed below.>

<F2> - Rebuild all tables on an AMP
<F3> - Rebuild all data tables in a database
<F4> - Rebuild a single table
<F5> - Rebuild fallback protected tables only
<F6> - Rebuild a previous rebuild after a system restart
<F7> - General syntax

画面上に表示されている項目に関する情報を表示するには、対応するファンクション キーを押します。1つ上のレベルのメニューに戻るには、F8キーを押します。ヘルプ システムを終了してTable Rebuildコマンド プロンプトに戻るには、最上位メニューでF8を押します。