変更と追加 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage
日付 説明
2018年10月 DBS制御
  • 新しいForwardCredentialフィールドは認証されたユーザー信頼情報トークンをTeradata Databaseに転送するかどうかを決定します。
2018年4月 DBS制御
  • 新しいDBQLDefCacheSizeフィールドは、DBQLキャッシュ サイズを設定します。
  • 新しいEnableDynamicParameterizationフィールドは、非パラメータ化リクエストを繰り返し処理する場合に、Teradata Databaseがリテラルの動的パラメータ化(DPL)を使用するかどうかを決定します。
  • DictionaryCacheSegmentSizeフィールドのデフォルト値を16 (1 MB)から4 (64 MB)に増やしました。
  • DictionaryCacheSizeフィールドの最大値を32768 KBから65536 KBに増やしました。
  • TempBLCThreshフィールドは整数値を取ることができません。
  • MaxRequestsSavedの有効な値の範囲は、制御AMP(IDの数値が最小値であるAMP)を実行するノードのメモリ量に依存するようになりました。有効な範囲が変更されるメモリのしきい値は250 GBです。
DIP
  • DIPAEXTはTeradata分析関数を作成します。 DIPスクリプトを参照してください。
Ferretユーティリティ
  • SHOWSPACEコマンドの/S表示オプションは、現在のFerretスコープ内にあるすべてのAMPに関する領域情報の1行分サマリーを表示するようになりました。
Vproc Manager
2017年11月 DBS制御ユーティリティ
  • DATASETデータ型用にCSV格納形式を有効にする新しいEnableDATASETCSV一般フィールド。
  • ログのユーザー名を表示する新しいShowAllUserNames一般フィールド。
DIPユーティリティ
  • DATASETデータ型用にCSV格納形式をサポートする新しいDIPDSCSVスクリプト。DIPスクリプトを参照してください。