DBQLLOBCacheSize - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage

目的

LOB列をともなうDBQLデータ ディクショナリ テーブルに割り当てるキャッシュの量(メガバイト単位)を設定します。このフィールドにより、このキャッシュをフラッシュするために使用する高速メッセージのサイズも決まります。

このフィールドはデフォルト値のままにしておくことを推奨します。

フィールド グループ

パフォーマンス

有効な範囲

2~16 MB

デフォルト

2 MB

変更の反映

次回にTeradata Databaseを再始動した後。

使用上の注意

キャッシュ サイズを増やすと、DBQLでより大きなリクエストをキャプチャできるようになり、キャッシュのフラッシュ回数が減ります。ただし、キャッシュをフラッシュするとき、高速リクエスト メッセージのサイズが大きくなります。

関連トピック

詳細情報 参照先
BEGIN QUERY LOGGING、END QUERY LOGGING、およびFLUSH QUERY LOGGING文 Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
DBQLによる処理動作の追跡 Teradata Vantage™ - データベース管理、B035-1093