CompressionAlgorithm - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/qxr1512078764562.ditaval
dita:id
B035-1102
Product Category
Software
Teradata Vantage

目的

ファイル システムのデータ ブロックにあるデータを圧縮または圧縮解除するのに用いるアルゴリズムを指定します。

フィールド グループ

圧縮

有効な設定値

設定 説明
ZLIB ZLIBは、可逆的にデータを圧縮および圧縮解除するアルゴリズムです。
ELZS_H ハードウェアベースのExar Lemple-Ziv-Stacは、可逆的にデータを圧縮および圧縮解除するアルゴリズムです。
この圧縮形式では、システム ノードごとに圧縮エンジン ハードウェアがインストールされている必要があります。
ELZS_S ハードウェアベースのExar Lemple-Ziv-Stacは、可逆的にデータを圧縮および圧縮解除するアルゴリズムです。

この圧縮形式は、ELZS_Hが選択されていながら、ハードウェア圧縮エンジン ボードで問題が検出された場合に自動的に使用されます。

DBS制御でこのアルゴリズムを明示的に設定することは、ハードウェア圧縮エンジンの障害を復旧する場合を除いて、推奨しません。

デフォルト

ZLIB

変更の反映

DBS制御レコードへの書き込みが行なわれた後。変更後の設定は、テーブルに追加された新しいデータに適用されます。既存のデータの場合、そのデータに変更が加えられるまでは圧縮は変更されません。

使用上の注意

BLCは、Teradata Databaseファイル システムのデータ ブロック(DB)レベルでのデータ圧縮を可能にします。 圧縮により所定のデータ量に必要なストレージの量が低減されます。 DBS制御のBlockLevelCompressionフィールドで、BLCを有効または無効にできます。

特定のアルゴリズムでデータ ブロックを圧縮し、その後アルゴリズムが変更された場合でも、データは圧縮されたままです。 テーブルに追加されたデータは、新たなアルゴリズムによって追加されます。 過去に圧縮されたデータが更新され、データの圧縮解除と再圧縮が必要となった場合、現在設定されているアルゴリズムが再圧縮で用いられます。

最終的に、データがテーブルに追加された時点での設定に応じて、圧縮解除されたデータ ブロックと別の圧縮アルゴリズムで圧縮されたデータ ブロックを混合して1つのサブテーブルで表示できます。データの圧縮で一貫性を持たせるには、Ferret COMPRESSコマンドを使用して、現在設定されているアルゴリズムですべてのデータを圧縮するか、またはFerret UNCOMPRESSコマンドを使用して、すべてのテーブル データを圧縮解除します。

関連トピック

詳細情報 参照先
BlockLevelCompressionフィールド BlockLevelCompression
ZLIBデータ圧縮アルゴリズム http://zlib.net
Lemple-Ziv-Stacデータ圧縮アルゴリズム http://en.wikipedia.org/wiki/Lempel-Ziv-Stac
COMPRESSおよびUNCOMPRESSコマンド Ferretユーティリティ(ferret)
BLOCKCOMPRESSIONクエリー バンド Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144