クエリー レベル モニターを使用したクエリーの検証 | Teradata Vantage - 2.2 - クエリー レベル モニターを使用したクエリーの検証 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)

QLMのクエリー ログをチェックして、ML Engineで実行されているクエリーを検証することができます。

  1. クライアント アプリケーション(BTEQTeradata Studioなど)から、td_mle_db.querylogに対するSELECT権限があるユーザーとしてVantageシステムにログオンします。例えば、次のように指定します。
    .logon systemname.your_company.com/rose
  2. QLMのログに格納されているクエリーの数を数えます。次のように実行します。
    select count(*) from td_mle_db.querylog;

    結果はゼロ以外の値になるはずです。

  3. ログオフします。
    .logoff
次のタスクテスト ユーザー(roseなど)を作成していた場合は、そのユーザーを削除します。例えば、次のように指定します。
.logon systemname.your_company.com/dbc
delete user rose;
drop user rose;
.logoff