Crashdumps用の固定領域の割り当て | Teradata Vantage - 2.2 - Crashdumps用の固定領域の割り当て - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)
Crashdumpsデータベースは、データベースの想定外の再起動によって生成されるAdvanced SQL Engineのメモリ ダンプを保持します。TeradataサービスはリモートでCrashdumpsデータベースにアクセスしてダンプを調べることができます。
  1. 管理クライアント(BTEQなど)からDBCとしてログオンします。
  2. 固定データベース領域の使用可能なサイズがわからない場合は、次のSQL文を実行して算出します。
    SELECT SUM(MaxPerm) FROM DBC.DiskSpaceV;
  3. 典型的なダンプをノードあたり3つ保持できるように、次の式を使用して、Crashdumpsデータベースに最適な固定領域サイズを算出します。
    Crashdumps Perm Space = Maxperm * 0.02
  4. 例えば、次のように実行します。
    MODIFY DATABASE Crashdumps as perm = 400E9;
    クラッシュダンプ テーブルに十分な領域が常に確保されるように、領域の使用状況のモニターおよび古いクラッシュダンプの削除を定期的に行ないます。