ユーザー認証 | Teradata Vantage - 2.2 - ユーザー認証 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)

Vantageにログオンするときに、ユーザーが認証されます。つまり、そのユーザーのIDが検証され、承認済みユーザーのリストと照合されます。ユーザーはVantageによって認証することも、外部で認証することもできます。

   
Vantage認証 Vantageによる認証では、ユーザーとその権限がデータベースで定義されている必要がある。
外部認証

外部認証を使用すると、Vantageおよびそのクライアントと同じネットワーク上で実行されているエージェントによって、Vantageユーザーを認証することができる。

Vantageでは、以下の外部認証ログオン タイプがサポートされている。
  • シングル サイン オン(SSO)
  • ディレクトリ サインオン(ディレクトリ サーバーによる認証)
  • 別のユーザーとしてサインオン(クライアントでも認識される信頼証明を使用してユーザーがVantageにログオンする)

詳細については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engineセキュリティ管理ガイド, B035-1100>を参照してください。