データが入っているテスト テーブルの作成 | Teradata Vantage - 2.2 - データが入っているテスト テーブルの作成 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)

一時ユーザーAlexとしてログオンして、テスト テーブルを作成し、行を挿入します。

  1. Alexとしてログオンします。
  2. このセッションのデフォルトのデータベースをTables_Databaseに設定します。例えば、次のように指定します。
    DATABASE Tables_Database;
  3. emp_id、emp_name、start_dateの列がある、employeeという名前でテーブルを作成します。例えば、次のように指定します。
    CREATE SET TABLE employee (
    emp_id INTEGER,
    emp_name CHARACTER(20) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
    start_date DATE)
    PRIMARY INDEX (emp_id);
  4. データの行をテーブルに挿入します。例:
    INSERT INTO employee (emp_id, emp_name, start_date)
    VALUES (1001, 'Mary', '2010-01-10');
    INSERT INTO employee (emp_id, emp_name, start_date)
    VALUES (1002, 'Sam', '2014-07-01');
    INSERT INTO employee (emp_id, emp_name, start_date)
    VALUES (1003, 'Charles', '2016-02-10');