Machine Learning Engine アラートのセットアップ | Viewpoint モニター - 2.2 - アラートのセットアップ - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)

Machine Learning Engine専用のアラートを以下に示します。その他のアラートについては、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド, B035-2206>のアラート セットアップを参照してください。

  1. Machine Learning Engineを選択します。
  2. セットアップ列で、アラート タイプを選択してからを選択します。
    アラート タイプ 入力するフィールド 説明
    データ コレクタ
    • アラート名
    • 重大度
    • データ コレクタ
    • アクション(アラート セットアップポートレットでセットアップする)
    • (オプション)アラートを繰り返す時間間隔
    • (オプション)メッセージ
    DCSは指定されたデータ コレクタのエラーを検出する。
    ポッド
    • アラート名
    • 重大度
    • しきい値ルール(複数のルールをセットアップするにはをクリックする)
    • アクション(アラート セットアップポートレットでセットアップする)
    • (オプション)アラートを繰り返す時間間隔
    • (オプション)メッセージ
    パフォーマンスがクイーン レベルまたはワーカー レベルで、指定されたしきい値に達している。
    プロセス
    • アラート名
    • 重大度
    • しきい値ルール(複数のルールをセットアップするにはをクリックする)
    • (オプション)アラート ルールの時間要件
    • アクション(アラート セットアップポートレットでセットアップする)
    • (オプション)アラートを繰り返す時間間隔
    • (オプション)メッセージ
    Machine Learning Engineのパフォーマンスがプロセス レベルでしきい値に達している。
    システム
    • アラート名
    • 重大度
    • しきい値ルール(複数のルールをセットアップするにはをクリックする)
    • (オプション)アラート ルールの時間要件
    • アクション(アラート セットアップポートレットでセットアップする)
    • (オプション)アラートを繰り返す時間間隔
    • (オプション)メッセージ
    Machine Learning Engineのパフォーマンスが、指定されたしきい値に達している。
    システム ヘルス 次のように入力します:
    • アラート名
    • 重大度
    • トリガー レベル
    • アクション(アラート セットアップポートレットでセットアップする)
    • (オプション)アラートを繰り返す時間間隔。(オプション)アラート ルールの時間要件
    • (オプション)メッセージ
    Machine Learning Engineのシステム ヘルスが、指定されたレベルに達している。
  3. 適用を選択します。