ディレクトリベースのユーザーの許可 | Teradata Vantage - 2.2 - ディレクトリベースのユーザーの許可 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)
ディレクトリによって認証されると、ディレクトリベースのユーザーには、以下のルールに従ってデータベース アクセス権限が許可されています。
  • ディレクトリでユーザーがデータベース オブジェクト(ユーザー、外部ロール、プロファイル)にマップされている場合、各ディレクトリ ユーザーは自分にマップされているオブジェクトの権限が許可されている。
  • ディレクトリでユーザーがデータベース オブジェクトにマップされていないが、ディレクトリ ユーザー名がデータベース ユーザー名と一致している場合、そのディレクトリ ユーザーには、一致しているデータベース ユーザー名に属するすべての権限が許可されている。
  • ディレクトリ ユーザーがどのデータベース オブジェクトにもマップされておらず、ディレクトリ ユーザー名がデータベース ユーザー名と一致していない場合、そのディレクトリ ユーザーにはデータベースにアクセスする権限はない。
ディレクトリ ユーザーがデータベースにアクセスするには、事前に1つまたは複数のセットアップ タスク(実装によって異なる)が完了している必要があります。Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engineセキュリティ管理ガイド, B035-1100を参照してください。