ML Engine に対して付与されているCONNECT THROUGHを使用してユーザーを削除する方法 | Teradata Vantage - 2.2 - Machine Learning Engineに対して付与されているCONNECT THROUGHを使用したユーザーの削除 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)

Machine Learning Engineにアクセスするには、Machine Learning Engineサービス アカウント(td_ffe_svc_acct)に対するCONNECT THROUGHがユーザーに付与されている必要があります。そのようなユーザーを削除するには、まずCONNECT THROUGHを取り消す必要があります。

  1. クライアント アプリケーション(BTEQTeradata Studioなど)から、VantageシステムにDBCとしてログオンします。例:
    .logon systemname.your_company.com/dbc
  2. td_ffe_svc_acctに対するCONNECT THROUGHがユーザーに付与されているかどうかをチェックします。
    SELECT TrustUser, ProxyUser, ProxyUserType, GrantStatus, WithoutRole from dbc.connectrulesv;
    TrustUser       ProxyUser            ProxyUserType GrantStatus WithoutRole
    --------------- -------------------- ------------- ----------- -----------
    td_ffe_svc_acct hal                  P             G           Y
    td_ffe_svc_acct TDAP_ADMIN           P             G           Y
    
  3. そのユーザーからCONNECT THROUGHを取り消します。例:
    REVOKE connect through td_ffe_svc_acct to permanent hal;
  4. そのユーザーのすべてのテーブルを削除します。例:
    delete user hal;
  5. そのユーザーをデータベースから削除します。例:
    drop user hal;